スポンサーリンク

心臓の病気症状:身体からの警告サインを見逃すな

日本では毎年20万人もの人が心臓の病気で亡くなっています。

私たちの体は不調になると、何かしらのサインを出します。

もちろん心臓も例外ではありません。

大切なのはそのサインを見逃さないことです。

それが病気の早期発見、または、予防につながります。

今回は心臓に異常がある可能性を示す警告サインをご紹介します。

もしも少しでも当てはまるような事や、気になることがある場合は、直ぐに医師に相談してください。

スポンサーリンク

腕全体に広がる痛み

心臓に異常があると、男性は左腕、女性は片方または両方の腕に痛みを感じます。

また、女性は心臓発作の前に、尋常ではない肘の痛みを訴えることがあります。

これは心臓の痛みが、脊髄を通じて広がり、多くの神経が刺激されるためです。

それにより脳が腕の痛みだと混乱し、信号を出してしまうのです。

 

止まらない咳

頑固な咳は、心血管に問題のある時にも、兆候の一つとして現れます。

心不全の人は慢性的な咳により、ピンクがかった血が混ざった液体が、体内に作り出され ます。

心不全といっても、心臓が完璧に止まるわけではなく、正常な人と比べ、心臓から送られる血液が少なくなり、体全体に酸素が行き渡らないことを意味します。

慢性的な咳は、呼吸困難を引き起こす可能性もあります。

 

足のむくみ

心臓が十分な血液を送り出していないとき、血液が血管から周りの組織に漏れ出し、重力に伴い体の下半身がむくみます。

しかし、ほとんどのむくみに悩む人たちは、心臓に異常がないことが多く、肝不全、高血圧、妊娠、怪我、高山病、長時間座りぱなしなど、ほかの原因が考えられます。

しかし、ただのむくみだと思って放置しないようにしましょう。

 

吐き気と食欲不振

多くの心臓病患者は、たった数口食べただけで、食欲不振や吐き気を訴えます。

肝臓や腸に液体がたまり、消化を妨げるためです。

この兆候は主に、腹部の痛み、胃のむかつきとともに現れます。

特に腹部の痙攣が短いスパンで起こる時は、心臓発作の前兆を疑いましょう。

 

尋常でないレベルの不安に襲われる

アメリカの研究で、不安に襲われている人は、心臓病を起こしやすいという結果が出ています。

不安の原因はストレスのかかる生活、パニック障害、または、恐怖症の再発と要因はさまざまです。

これらは、頻脈、または、異常なほど早い心拍を引き起こし、血圧を上昇させます。

長期間、この状態にあることが、心臓病の発症にもつながります。

 

意識がもうろうとする・倒れる

意識がもうろうとし、短時間意識を失うことは、心臓病の患者によく見られる兆候です。

心臓から十分な酸素が供給されず、脳に影響が出るためです。

もし血流が動脈の詰まりや、血管が細くなることによってブロックされていたら、心臓性失神を起こし、致命傷になる可能性があります。

60歳以上が心臓性失神を起こすリスクが高く、男性の方が発症しやすい傾向にあります。

また運動中に倒れたり、息が長く続かないなどの症状が現れたら、すぐに病院へ行きましょう。

 

肌の血色が悪い

突然肌の血色が悪くなるのは、心臓異常によるものと考えていいでしょう。

ショックは血流を悪くする要因となり、肌色が悪くなるのです。

このショックは、身体全身または身体の一部に現れます。

もし肌の色が悪くなってきたと感じたら、ショックが原因なのか、赤血球の減少を引き起こす貧血症など、他に思い当たる要因があるか考えてみましょう。

 

肌荒れ・吹き出物

湿疹と帯状疱疹は心臓病を引き起こすリスクが高いと証明されています。

湿疹の患者は、48パーセントの確率で、高血圧は29パーセントの確率で、コレステロールが高いという結果があります。

帯状疱疹の患者は、59パーセントの確率で、心臓発作を起こすというデータがあります。

 

慢性疲労・急性疲労

疲労は最も代表的な心臓発作が起こる前の兆候です。

女性は、男性より疲労を感じやすく、70パーセントの心臓発作を起こした女性患者が、心臓発作前に耐えられないほどの疲労を感じています。

心臓からくる疲労は、身体的、精神的などを関係なく、1日の終わりに疲労感が増加します。

気付かないほうが難しいほど明らかで、シャワーを浴びただけで疲れるなど、少しのことで疲労を感じます。

 

汗をかきやすい

大量の汗は、心臓発作が起こりやすいことを示すサインです。

この兆候も、男性より女性のほうが多く、暑さによる発汗や、寝汗と勘違いされることがよくあります。

気温や運動に関係なく、風邪をひいたときのような、肌のベタつきや、発汗は、心臓発作の前兆です。

特に、寝ている間に大量に汗をかき、朝起きるとシーツがグッショリ濡れている場合は要注意です。

手のひら、足の裏、頭、胸などが汗のかきやすい場所です。