スポンサーリンク

ニキビ跡の色素沈着を徹底的に治す3つの神技

ニキビには、赤ニキビ、白ニキビ、黒ニキビ、茶色ニキビなどの種類があります。
それらのニキビもいずれ炎症が治まり、腫れが引いたニキビが、茶色くなったり黒くなったり色素沈着して、シミのようになってしまう事があります。
そんな色素沈着してしまったニキビ跡の直し方について、3つのアイテムを紹介したいと思います。
紹介する3つのアイテムは、非常に強力なため必ず注意を守って行ってください。
注意を守らずに行うと、副作用が現れます。
ニキビ跡の色素沈着で悩んでいる方は、是非読んで頂けたらと思います。

スポンサーリンク

ニキビ跡の色素沈着

ニキビ跡の色素沈着の原因

ニキビ跡が色素沈着する原因は、ニキビの炎症により肌が刺激を受けた時、皮膚を守るために生成されるメラニンが原因で色素沈着が起こります。

また、ニキビによるアクネ菌の繁殖に対し、皮膚は活性酸素を生成して殺菌し鎮静させますが、活性酸素により肌を守るためにもメラニンが生成されます。

スポンサーリンク

「L-システイン」サプリメントを使用する

L-システイン

ニキビ跡の色素沈着に対し効果のあるサプリメントは、L-システインです。
L-システインの優れた作用として、メラニン色素の生成を抑制します。
そして、肌を生まれ変わらせるターンオーバーを正常に戻す働きがあります。
また、L-システインには、抗酸化作用もありますので活性酸素によるお肌へのダメージも抑えてくる働きをします。

私がオススメするL-システイン配合のサプリメントは、ホワイピュアです。

ホワイピュアは、L-システインとビタミンの配合が絶妙で、ニキビ跡の色素沈着に対し抜群の効果があります。

「ハイドロキノン」のクリームを使用する

ハイドロキノン

ハイドロキノンは、美肌の効果、メラニン抑制により色素沈着の色が付いてる部分を薄くしてくれます。
最強の美白クリームと言われる程、ハイドロキノンは色素沈着への改善に効果が有りますが、効果が強い分注意しなければならない事もあります。

私がオススメするハイドロキノンのクリームは、QuSomeホワイトクリーム1.9 です。

QuSomeホワイトクリーム1.9は、市販されているハイドロキノンクリームの中で、もっともメラニン抑制の効果が強いアイテムです。

スポンサーリンク

「レチノール」のクリームを使用する

レチノール

レチノールは、肌のターンオーバーを正常にする働きをしてくれます。
その効果は使い続けることで実感すると思いますが、レチノールクリームは、使い続けることで肌がボロボロと剥がれ落ちます。
また、「ハイドロキノン」と並行して使う事で、より色素沈着の改善を活発に行う事が可能となります。

私がオススメするレチノールクリームは、アドバンスド・リバイタリゼーションクリームです。

アドバンスド・リバイタリゼーションクリームは、iHerbで1,000件以上のレビューが付いて、星4の評価がされている信頼できる商品です。

レチノールクリームといえば、アドバンスド・リバイタリゼーションクリームと言うくらいの商品です。

アドバンスド・リバイタリゼーションクリームの商品詳細及び購入は、「ココ」のリンクまたは下記写真から移動できます。

 

 

注意すべき副作用

「L-システイン」、「ハイドロキノン」、「レチノール」の3つを使うことでニキビ跡の色素沈着はかなり改善されます。

ただし、使用に対し副作用の注意事項がありまので必ず確認してください。

紹介したアイテムは、とても強い効果を得られる反面、副作用もあります。
使いすぎてしまったり、間違った使い方をすることで起こる副作用について説明します。

L-システインの副作用

L-システインの副作用として、白髪が増えると言われています。

メラニンの生成を抑える効果があるため、髪を黒くするための機能が低下し白髪が増えることになります。

ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンは、お肌に塗る漂白剤と言われるくらい、美白効果が非常に高いです。
その為、同じ箇所に集中してハイドロキノンを塗り続けると、塗り続けた箇所だけお肌が白くなってしまいます。
ハイドロキノンの使い方、使いすぎには十分に注意してください。

レチノールの副作用

レチノールクリームの効果として、ターンオーバー正常化するために古い皮膚がボロボロと剥がれ落ちます。
古い皮膚が剥がれ落ちた後の皮膚は、非常に敏感で刺激に弱い状態になっています。
その為、刺激に弱くなった皮膚が刺激を受けると、肌荒れしてしまったり、炎症を起こし赤みを帯びてしまいます。
レチノールクリーム使用後は、肌を保護するスキンケアを必ず行うようにしてください。