スポンサーリンク

カールキープ力抜群の最強まつげメイク法:絶対1日キープできる無敵のまつげメイク

メイクの中でも一番って言うほど、こだわっている方が多いと思う「まつげ」の最強メイク方法を紹介したいと思います。

紹介するメイク方法は、最強のまつげカールキープで、ぱっちりしたまつげのメイクとなります。

私が実際にまつげメイクを行いながら、最強まつげメイク法の紹介を進めたいと思います。

 

スポンサーリンク

ビューラー

まずはビューラーをしていきたいと思います。

ビューラーのポイントは、根本からしっかり上げることです。

 

特に私の場合は、全体的に目を大きく見せたいので、中央から行い、次に目尻、最後に目頭のまつげをビューラーでしっかり根本から上げるようにしています。

だいたい自分のまつげの長さに合わせて、3~5回くらいビューラーを当てていく感じです。

 

まずは中央から行います。

私はビューラーを5回程度当てますが、まつげの先まで意識して当てるようにしています。

 

続きて目頭です。

同じ様にまつげの先までしっかり当てます。

 

最後に目頭です。

 

はい、こんな感じで仕上がりました。

右目だけビューラーを当てました。

左目は何もしていない状態です。

 

横から見た感じです。

まつげがしっかり上がっていると思います。

ビューラーをするだけでも、目の印象ってすごくかわってくると思います。

 

先ほども説明した事になっちゃいますが、ビューラーのポイントです。

根本から放射線状に向かって、しっかりまつげを上げることです。

そうすることで、目が大きく見せることができます。

スポンサーリンク

私が使用しているビューラーは、資生堂のアイラッシュカーラーです。

 

マスカラ下地

続いてマスカラに行くのではなく、マスカラ下地を塗っていきます。

しっかりマスカラ下地を行うことで、カールキープが全然違ってきます。

マスカラ下地をまつげ全体にしっかり塗っていきましょう。

 

マスカラ下地もしっかり、根本から塗っていきましょう。

マスカラ下地を塗ってから、マスカラを塗るとほとんどまつげが落ちてくることがありません。

 

マスカラ下地を塗り終えました。

先ほどと同じ様に、右目だけにマスカラ下地を塗りました。

左目は何もしていない状態です。

この時点でも目のぱっちり度が違うの分かると思います。

私が使っているマスカラ下地は、CANMAKEのクイックラッシュカーラーです。

 

マスカラ

いよいよマスカラを塗っていきます。

カールキープ力を意識する場合は、ウォータープルーフタイプが良いです。

同じメーカーでもウォータープルーフタイプとそうじゃないタイプを使い比べてみたことがあるんですが、カールキープ力は、ウォータープルーフタイプの方が勝っていると感じました。

 

マスカラを塗る時のポイントは、根本からジグザクにマスカラを動かして塗ることです。

 

下まつげにもマスカラを塗っていきます。

先ほどと同様に、根本からジグザグに動かして放射線状に塗っていきます。

 

マスカラも完成しました。

見てください、この違いです。

右目だけにマスカラを塗っています。

左目は何もしていません。

特に濃いメイクを行っていないのがポイントです。

私が使っているマスカラは、ヒロインメイクのロング&カールマスカラ スーパーWPです。

いつものメイクであれば、ここまでで終わりですが、ここから最強カールキープさせます。

 

ホットビューラー

1日まつげのカールキープが必要となった場合は、ホットビューラーを使います。

電源を入れると、ビューラー部分が温まります。

その温まった熱を利用してまつげを上げるアイテムなんです。

 

注意としては、ホットビューラーを毎日使うと、まつげが傷んできます。

1日まつげのカールキープが欲しい、時に利用するのが良いと思います。

 

まつげが短い人とかは、ビューラーがすごくかけづらかったりすると思います。

私もまつ毛が切れた時に、すごくビューラーを使うのに苦労しました。

でもホットビューラーだと自分の望む角度にそって、まつげを上げることが出来るので、非常に使い勝手が良いです。

私が使用しているホットビューラーは、パナソニックのまつげくるん セパレートコームです。

 

私が使用しているホットビューラーは、コーンが付いているので、まつ毛を整えて使用出来るのですごく使いやすいです。

でも、電池タイプなので、電池の消費が速いのがちょっと弱点ですね。

でも持ち運び出来るので、1つ持っているといざってときに安心できます。

 

しっかりまつげの根本から、先端まで自分の好きな角度にあげていきます。

特に毛先の方を重点的に、しっかり外側に向けて当てて上げると、目がぱっちりします。

 

ビューラーで上がりきらなかった目尻の残りや、目頭の残りをカバーできます。

本当にホットビューラーを使うと、まつげが凄く上がりやすいです。

 

下まつげにも当てます。

ビューラーでしたまつげを使うのは怖いので、ホットビューラーを使うのがオススメです。

ホットビューラーを下まつげにつかうと、下向きに更に開き、目のぱっちり度が上がります。

 

これで私のまつげ最強メイクは完成です。

先ほどと同じ様に、右目だけホットビューラーを使用しました。

左目は何もしていない状態です。

まつげだけで本当に変わるので、まつげメイクは非常に大事です。

 

どのくらい最強か実験

メイク拭き取りシートを使用して、どのくらいまつげ最強メイクなのか検証したいと思います。

しっかりメイクがとれると評判のメーク落としのシートを使用しています。

 

しっかりメーク落としのシートをまつげに当てます。

そして当てたまま下にずらしてまつべのメイクを落とします。

 

ちょっとファンデーションがついてしまいましたが、まつげにつけたマスカラは全然落ちていません。

本当に何にも落ちていない最強のメイクなんです。

 

最強メイクの落とし方

メイク落としで落ちないメイクをどうやって落とすのか?って事になりますよね。

そこで使用するのが、マスカラリムーバーです。

私が使っているマスカラリムーバーは、ヒロインメイクのマスカラリムーバーです。

 
マスカラと同じ様に塗っていきます。
下まつげも同様にしっかり塗っていきます。
 
塗ったら少しそのままにしておきます。
使うタイミングとしては、お風呂に入る前に塗っておくのがオススメです。
 

マスカラリムーバーを使わず無理やりメイクを落とそうとすると、まつげが傷んだり抜けてしまったりしますので注意してください。

 

時間を置くと、このようにパンダみたいになってくるので、そうなったら落として大丈夫です。

 

しっかりまつげに当てて、拭き取ると、このとおりシートにしっかりマスカラが付いて落ちています。

吹き残した細かい箇所を確認して、拭き取ります。

 

このように、リムーバーを使えば、すぐにすっぴんまつげに戻ります。

 

最後に

如何だったでしょうか。

私が行っている、カールキープ力に絶対の自身があるまつげ最強メイク法でした。

 

本当にこのメイク法だと、簡単にはカールキープが落ちることがないので、オススメのメイク方法です。

リムーバーで落とすところまでが、私のオススメのメイク法となっています。

 

もし気になった方がいましたら、是非試してみてください。

最後まで読んでいただき誠に有難うございました。