スポンサーリンク

タバコと電子タバコ どちらの方が体に悪いのか?

タバコと電子タバコ体に悪いのはどちらだと思いますか?
タバコの方が体に悪そうなイメージがありますが、電子タバコの方が健康に悪影響を及ぼすという見解もあります。
今回は、そんなタバコと電子タバコどちらの方が体に悪いのか?を解き明かしたいと思います。
スポンサーリンク

たばこ


タバコはタバコの葉っぱと包み紙で作られています。
ライターをつけると、ニコチン、タール、一酸化炭素を含んだ煙が発生し、それを吸い込むことで成分が肺を通じて血液に吸収されていきます。

その結果、心拍数の上昇や、血管の収縮が引き起こされて、脳を覚醒させる作用のあるドーパミンが放出されます。
このドーパミンが出たことによって、人は、もっとニコチンを吸いたいと思うようになり、ニコチンが切れてイライラするといった中毒症状が引き起こされます。

タールは、真っ黒のドロドロした液体で、発がん性があるほか、歯を黒くしたり、味蕾(味覚)の機能を低下させるなどの悪影響を引き起こします。
そして一酸化炭素は、運動能力の低下や動脈硬化を引き起こします。

スポンサーリンク

電子タバコ


そこで登場するのが「電子タバコ」です。
電子タバコには、タバコやメンソールのような香りのする液体(リキッド)を入れて、電熱で加熱することで、水蒸気化して吸い込むというもので、「ニコチン」も「タール」も「一酸化炭素」も含まれていません。(日本の電子タバコは含まれていない)

リキッド(液体)には食品添加物や薬品のベースに使われる、プロピレングリコール、グリセリンを混合したものがほとんどで、タバコというよりも実際には味のついた霧を吸い込んでいるだけになります。 もちろん通常のたばこと比べて、健康リスクは、格段に下がりますが、添加物や化学物質を吸い込んでいるわけなので、体にいいというわけではありません。

イギリスの研究グループでは、電子タバコはタバコよりも、有害性がおよそ95%低いという研究結果が出ています。 電子タバコよりも、タバコの方が体に悪いということが分かりましたが、よくよく考えると、喫煙者はニコチンが吸いたくてタバコを吸っている人が多いわけですから、ニコチンの含まれていない電子タバコを吸って満足できるのか?という疑念が生まれます。

加熱式タバコ

そこでもう一つの電子タバコが「 iQOS」 のような加熱式タバコです。
加熱式タバコは、タバコの葉をペースト状にして、それを加熱することで、水蒸気を発生させて吸入するというもので、燃やすわけではないので、煙に含まれたタ「タール」を発生することはなく、水蒸気状のニコチンだけを吸引することができます。
ただし、ニコチンは水蒸気に溶けやすいという特徴があるため、吸引時に通常のたばこよりも、ニコチンを体内に取り込みやすい傾向にあります。
 

ではそのニコチンの量はどのくらいなのか?と言うと、実は、加熱式た僕に含まれているニコチンの量は、表記されていません。
加熱式タバコは通常のたばことは違う分類になるので、記載の義務が ないからです。
そのため、自分はどれだけのニコチンを摂取しているのかすらわからないという現状があります。
また、海外の研究者による実験で、加熱式タバコに含まれる有害物質は、紙巻きタバコよりも多かったという実験結果も報告されています。
ただし、加熱式タバコについては、最近出たものなので健康への悪影響は、まだ何とも言えない状態です。

最後に

ということで、タバコと電子タバコでは体に悪いのはタバコですが、加熱式タバコの健康への影響に関しては、これから分かることになりそうです。
今後、もしかするとタバコよりも加熱式タバコの方が、体に悪いなんてこともあるかもしれませんね。
最後まで読んでいただき誠に有難うございました。