スポンサーリンク

大食いなのに太らない人の理由と秘密:何故あんなに食べても痩せてるの?

みなさんの周りの大食いの人は、太っていますか!?

大食いの人って、あんなに食べているのになぜか、細い人が多いと思いませんか!?

なんだか不公平な気がするのは、私だけでしょうか。

今回は、大食いなのに、何故太らないのか!?むしろ痩せているのは何故なのか!?そんな、不思議な疑問について考えてみたいと思います。

大食い出来て太らないし痩せてるなんて、正直ズルい!

スポンサーリンク

大食いの人の摂取カロリーが気になる

一般的に、普通の成人男性は、1日約2,600キロカロリー、普通の成人女性は、1日約2,000キロカロリー摂取しています。

朝・昼・晩、それぞれ1食あたり男性で約850キロカロリー、女性で約650キロカロリーという計算になります。

それでは、大食いの人は一体どれぐらいのカロリーを1日で摂取するのでしょうか。

 

テレビでよく大食いしているギャル曽根さんで、1日に約2万キロカロリー摂取するそうです。

単純に計算して、1食あたり6,666キロカロリーにものぼります。

これは、お茶碗で約26杯分のご飯と同じになります。

やっぱり、普通じゃ考えられない量ですね。

それなのにどうして太らないのでしょうか!?

食べたものは一体どこへ行ってしまったのか!?

めちゃくちゃ、気になりますよね。

スポンサーリンク

 

食べたものはすぐに排泄

普通なら、食べたものは一定の時間、胃にとどまり、消化され栄養が体内に吸収されます。

しかし、大食いの人の場合、胃の出口にある便がゆるんでいるせいで、食べたものは胃の中に留まること無く、すぐに排泄されます。

消化されないまま、腸まで行ってしまい、吸収されないまま、排泄されてしまうのです。

そのせいで、栄養不足になってしまうことも少なくありません。

当然カロリーも摂取したことにはならず、太ることもないのです。

大食いの人の胃の膨張がすごい

食べれば食べるほど、当然、胃は膨らんでいきます。

この膨らみ方が、大食いの人は物凄いんです。

特異体質の人ともなれば、胃が普通の人の15倍は膨らむことが可能です。

しかも、どんどん膨らむことができる柔軟性に富んだ胃袋が、うまい具合に他の内臓の邪魔にならない位置に有るんです。

大食いの人は、胃袋から普通の人とは違うんですね。

まさに、人体の奇跡。

スポンサーリンク

 

食べ過ぎは身体に悪い!?

いくら食べられるからといって、そんなに沢山食べるのは、体に悪そうだと思っていませんか!?

ところが、そうでもないみたいです。

それには、腸内のビフィズス菌が関係しています。

大食いの人の腸内には、普通の人の約3倍のビフィズス菌が居るんです。

人は何かを食べた時、血糖値が上がりますが、大食いの人の場合、ビフィズス菌のおかげで血糖値は上がりません。

そのため、満腹中枢が刺激されないので、お腹がいっぱいにならないのです。

また、ビフィズス菌によって、下痢にもなりにくく、便秘にもなりません。

吸収にも限界がある!

人間の体は、1回の食事で摂ったエネルギーをそのまま全部吸収するわけではありません。
糖分や脂肪分を一度に大量に取ったとしても、そのまま排泄される部分が出てきます。

一度にたくさん食べたからといって、すべてが吸収されるわけではないので、食べた分だけ太るということにはなりません

余ったカロリーは熱となる!

痩せの大食いと言われる人たちの中で、炭水化物を好んで食べる人に見られる遺伝子の特徴があります。
余ったエネルギーは脂肪にならず、体温として発熱することにより、消費されてしまうのです。

これに当てはまる人は、異様に汗をかきながら、大量のものを食べているはず。

スポンサーリンク

 

消化するにもエネルギーが必要!

食べたものを消化するには、意外に大きなエネルギーを必要とします。

大食い選手が1時間食べ続けた場合、ハーフマラソンを走るのと同じくらい、カロリーを消費して消化するといいます。

摂取より消費するカロリーが大きい

消化するエネルギーよりも、消費するカロリーの方が大きいのなら、太らないというのも納得です。

また、大食い競争が立派な競技の一つとして扱われるのも、まったく不思議ではありませんね。

誰でも大食いになれる

こんな風に、たくさん食べても太らない体質って、ある意味理想ですよね。

太ることを気にせず、好きなものを好きなだけ食べることができるんですから。

誰でもこんな体質になることができるでしょうか!?

答えは、残念ながら「NO」です。

大食いの人に共通して当てはまる条件は、生まれつきの体質がほとんどです。

例えば、普通の人なら胃の出口にある便は、緩んでなんていません。

食べたものは胃の中でしっかりと消化され、栄養も吸収されることになります。

 

また、大食いの人のような、柔軟な胃袋になるのは難しい上に、他の内臓の邪魔にならない位置に、胃袋の場所を変えるなんてことは不可能です。

胃を大きくするために、大量の水を飲んだとしても、中身がなくなってしまえば、胃袋は結局元の大きさに戻ってしまうでしょう。

ビフィズス菌の数だって、生まれつきのものですから、トレーニングで大食い体質になれるわけではないということです。

スポンサーリンク

 

最後に

如何でしたでしょうか。

大食いなのに太らないし、むしろ痩せている人の理由と秘密について紹介しました。

ダイエットいらずで、好きなものを好きなだけ食べられるなんて、非常にうらやましい限りですよね。

でも、実際に多くい体質だとしたら、食費がかかって仕方はないでしょう。

食べ放題では、思いっきり楽しめそうですけどね。

最後まで読んで頂き、誠に有難うございました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ダイエット健康
美容と健康の悩みを解決する100万人レビュー部