スポンサーリンク

不眠症必見の2分で眠る方法:アメリカ軍が実践し戦場でも寝ることが可能

もしかして、最近うまく眠れてないんじゃありませんか!?

脳が体を休ませてくれないため、一晩中寝返りを打っていたりしませんか!?

健康な体を維持するには、十分な睡眠をとるということがとても大事です。

もしも、毎日眠れずに不眠状態が続き、いろいろな方法で不眠改善を行っている場合には、是非ためしてもらいたい方法があるんです。

アメリカの海軍が実践している睡眠導入法をご存知でしょうか。

この睡眠導入法は、本当に素晴らしく不眠症の方に是非試してもらいたい方法なんです。

不眠で悩んでいる方、または、寝付きが悪い方は、今回紹介する睡眠導入方法を試してみては如何でしたでしょうか。

スポンサーリンク

どのくらいの睡眠が必要なのか

自分に必要な睡眠時間を知る事は、とても重要です。

例えば、赤ちゃんは1日16時間の睡眠が必要です。

10代の若者であれば、1日に9時間の睡眠が必要です。

また、大人であっても1日に7時間から8時間の睡眠が必要となります。

スポンサーリンク

世界中が不眠症

アメリカの睡眠協会にようると5000万人から7000万人ものアメリカ人達が、睡眠障害に苦しんでいると発表しています。

この数字は、世界中で睡眠障害を患っている人々の約20%を占めている事になります。

実は睡眠障害というのは、70以上の種類に分類されていて、最も一般的なのは不眠症なのです。

睡眠というのは、体内の免疫システムなどを整え、病気を防ぐためにも必要不可欠なものです。

そして、不眠症にかかってしまうと、体内のホルモンバランスが乱れ始めてしまいます。

睡眠不足が引き起こす主な症状

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 体重増加
  • 反応の鈍化
  • 過敏症
  • 記憶障害
  • うつ病
  • 頭痛
スポンサーリンク

120秒で眠る方法

ミディアムというウェブサイトが書いた記事によると、アメリカ海軍のプレフライトスクールでは、いつでも、どんな条件下であろうとも、すぐに眠ることができるように訓練を行っているそうです。

海軍で考案された睡眠導入方法を6週間特訓することで、パイロット候補生の96%が戦場でも眠る事ができると報告されています。

この方法には、心と体を睡眠に導く5のステップで構成されています。

5つのステップを行うのに掛かる時間は、1分半程です。

そして、5つのステップをすべて行えば、その後およそ120秒で眠りに落ちることできます。

スポンサーリンク

STEP1

ベッドの上で横になってください。

そして、顔全体の筋肉、舌、顎、目の周りの筋肉の順に徐々に力を抜いていきます。

しかめっ面になっていと感じたなら、額の中心に意識を当てて力を抜いていきましょう。

額からシワが消え、平らな状態にするよう心がけます。

イメージとしては、リラックスして顔が溶けていくような感じです。

スポンサーリンク

STEP2

できるだけ肩を落とすようにしてください。

そうすふことで、首をストレッチさせ緊張を解くことができます。

次に、片方の腕の上腕、そして前腕部分の力を抜きリラックスさせます。

その後、もう一方の腕も同じように力を抜きリラックスさせます。

上手く力を抜く事ができない場合は、一度腕に力を入れて徐々に力を抜いて行くと上手く出来るようになります。

腕の力が抜けリラックすできたら、最後に手と指も力を抜きリラックスさせましょう。

スポンサーリンク

STEP3

呼吸を繰り返して、胸の緊張も解いてリラックスさせていきます。

自分の肺に空気が巡っている事を感じ、力を抜いてリラックスしましょう。

スポンサーリンク

STEP4

次は、下半身のリラックスです。

まずは、太ももから力を抜いていきましょう。

太ももの力が抜けたら、ふくらはぎへ移っていきます。

最終的に、足首とから足のつま先まで力を抜いてリラックスさせます。

スポンサーリンク

STEP5

全身の筋肉の力が全て抜け、完全にリラックス状態となっています。

今度は、心の緊張を解く番です。

「リラックス・プレッシャーへの挑戦」の著者であるロイド・バド・ウィンター氏は、心の緊張を解きほぐすためにはリラックスさせるイメージを頭の中に想像させることが必要だと記述しています。

イメージ1

穏やかな湖をイメージしてください。

そして、あなたはカヌーの上で仰向けになり、気持ちよく青い空を眺めています。

イメージ2

真っ暗な部屋の中をイメージしてください。

そして、気持ちよくハンモックに包み込まれています。

どちらもイメージする事が難しい場合は、10秒間何度も「考えるな、考えるな、考えるな」と小声で繰り返してください。

以上が5つのSTEPとなります。

スポンサーリンク

トレーニングが必要

5つのSTEPを行っても、中々上手く眠りにつけなかったとしても、がっかりしないでください。

アメリカ軍のパイロット候補生達でさえ、このトレーニングを6週間を行ってようやく習得できたのです。

そのため、やはり初めのうちは、はなかなか上手くいかないと思います。

すぐに諦めず、6週間は続けてみてください。

また、5つのSTEPを効果的にするため、次の事も試してみてください。