寝ている間に起こっている信じられない現象:知らない方が良い真実がソコにありました

赤ちゃんや子供と一緒に寝ると、寝言で笑っているのを目撃した事ってないでしょうか!?

隣で突然笑いだして「何事!」って思ったら、寝言!?で楽し夢でも見たのかなって和みます。

または、彼氏や旦那さんと一緒に寝ていて、変な寝言を聞いた事がある方も多いのではないでしょうか。

今回は、寝ている間に起こっている10の出来事を紹介していきたいと思います。

寝ている間なので、ご自身は気づいていない事がほとんどですが、知らない方が良い出来事もあったりなかったりの内容となっています。

是非楽しんで読んで頂けたらと思います。

ビクってなる

学校で居眠りしていたり、電車の中、お昼を食べた後など、気持ちよくウトウトしていたら、突然身体がビクっとなった事ありますよね!?

「ジャーキング」とゆうのですが、高い所から落ちるような感覚です。

アンケートによると、家よりも学校や仕事中などに起こることが多いようです。

睡眠不足が続いた時や、眠り始めの頃によく起こり、脳が夢を見て、誤った情報を指令することによって起こります。

大堂のパターンは、「居眠りする」→「身体ビクっ」→「身体が机などにぶつかる」→「起きる」→「周りの人が白い目で見ている」です。

上級者は、「えっ!?何!?ドラムの練習ですが!?何か!!!」と逆ギレのパターンもあるようです。

金縛り

寝ている時は、「レム睡眠(浅い眠り)」と「ノンレム睡眠(深い眠り)」の2つに分けられ、それを交互に繰り返しています。

通常ならノンレム睡眠から始まりますが、レム睡眠から入ることで金縛りが起こるんですよ。

意識はあるのに「あれ!?体が動かない!!」自分は目覚めているつもりでも、体はまだ寝ているので身体を動かせません。

「心霊現象!?何か体の上に人が乗ってる感じがする!?」と思った方、大丈夫です、心霊現象ではありません。

誰もあなたの体に乗っていませんので、気にせずにそのまま寝ちゃいましょう。

口を開けると金縛りが解けるなんて都市伝説がありますが、口も動かないので、諦めて寝ましょうね。

寝言

寝言でしゃべる内容は予測できません。

意味不明な事を言ったりもします。

「寝言に答えてはいけない」と言われる都市伝説がありますが、本当なんでしょうか!?

安心してください、寝言に応えても、相手の健康を損ねるなどの不具合が生じることはありません。

また、寝言を言うこと自体も心配する必要ありません。

夢遊病

金縛りは自分や他人に危害を加える事はありませんが、夢遊病は危険です。

眠ったまま体が勝手に動き出してしまうのが夢遊病です。

夢遊病の人は、いきなり冷蔵庫を開けて食べ物をあさり出したり、ベッドの上で立ち上がって話を始めたり、突然服を脱ぎ出したりと、びっくりするようなことをしているのに、朝起きた時には全く覚えていません。

体は覚醒しているのに、脳は寝ているという金縛りとは逆の状態が起こるのです。

夢遊状態の人は起こしたり、縛り付けてしまうと、ストレスになるため、起こさないほうが良いとされています。

虫を食べているかも

誰もが寝ている時に口を閉じているとは限りません。

口が開いていると、小さい虫が口に入る可能性もあり、つばと共に飲み込んでしまうこともあります。

かなりショッキングですが、ゴキブリを食べてしまうこともあるのだとか。

さすがに大きいものとなると気づきそうですが、小さい虫は睡眠中に人の唾液を飲みに来ており、知らないうちに食べている可能性があるそうです。

気になる方はマスクをして寝ましょう。

でもマスクして寝ると、だいたい朝起きるとマスクが無くなってますよね。

マスク食べちゃってる!?

繰り返し夢を見る

レム睡眠、ノンレム睡眠にかかわらず夢を見ますが、脳が起きているレム睡眠中の夢を覚えていることが多くあります。

同じ夢を何度も何度も見たことがありませんか!?

繰り返し見る夢は何らかの警告である場合があります。

やらなければいけない仕事や、勉強など忘れてしまっていることを思い出させようとしています。

問題が解決すれば、繰り返し見る夢が変わってくるかもしれません。

体温の低下

寝ている間は体温が下がり、睡眠が深いほど、体温は大きく低下します。

そのため、布団をかけずに寝てしまったら風邪をひいていた、なんてこと経験ないでしょうか。

寝つきが悪いという人は、寝る前にぬるめのお風呂に入って体温を上げておくと、その後、体温が下がっていくのと同時にスムーズに眠りに入りやすくなりますよ。

逆に、電気毛布などを使用して、寝ている間に体温は下がりにくい状況を作ると、快適な眠りの妨げとなることがあります。

脳がもっと働く

夜の間も脳は働いており、寝ているときの方が脳のエネルギー使用量は増加します。

私たちが眠っている間も脳は働き続け、記憶や情報の整理や定着などをしています。

睡眠時間が長いほど情報を整理する時間も長くなるため、大事なテストを控えているときこそしっかり睡眠時間を作りましょう。

ギリギリまで勉強したい場合、一睡もせずにテストに臨むよりも少し寝た方がいい点を取れるはずです。

明晰夢

明晰夢とは、夢であることを自覚しながら見る夢のことです。

慣れれば夢の内容を自由自在に操作できると言われています。

オーストラリア・アデレード大学心理学部のアスピー教授によると、就寝後5時間で一度起きて、明晰夢を見る自分を強くイメージしてから寝ると明晰夢を見ることができるのだとか。

明晰夢を見たい方は、さっそく挑戦してみてはどでしょうか。

私は1度だけ明晰夢を見たことがあります。

その時は、直ぐに裸になってみました。

夢の中で夢を見る

夢の中で夢を見ることってありませんか!?

夢の中の夢で「目覚めて寝坊しなくて済んだ!」なんて夢を見る時は、現実として受け入れたくない何かがあることを暗示しているとも言われます。

ストレスを溜めないよう、体調に気をつけてくださいね。

健康睡眠
美容と健康の悩みを解決する100万人レビュー部