スポンサーリンク

生魚による寄生虫感染!この症状があったら寄生虫が体に居るかも!?アニサキス・サナダムシの恐怖

よく魚には寄生虫がいると言われていますよね!?

実際、ご自身の目で見たことある方も居るかと思います。

あのウジャウジャと動く姿・・・・、本当にグロテスクで気持ち悪いですよね。

もしその寄生獣が体内に入ってしまったらって、イメージするだけで恐怖のどん底に落とされてしまいます。

今回は、ちょっとグロテスクなお話ですが、生魚を食べての感染が多い寄生虫の恐怖について説明していきたいと思います。

日本人は特に生魚を食べる習慣が頻繁にありますので、特に注意が必要です。

もしかすると既に体の中に寄生虫が住み着いている可能性もありますので、心配な方は是非最後まで読んで頂けたらと思います。

スポンサーリンク

魚に棲み憑く寄生虫

魚には海水魚と淡水魚がいます。

残念ながら、その海水魚、淡水魚のどちらにも寄生する寄生虫がいます。

淡水魚には、「横川吸虫」「肝吸虫」そして、「サナダムシ」の一種の「日本海裂頭条虫」など多くの寄生虫が魚に棲み憑いています。

また、海水魚にも、「サナダムシ」や「アニサキス」という寄生虫が頻繁に発見されています。

特にニュースなどでも多く取り上げられているので「アニサキス」や「サナダムシ」は名前を聞いたことがある方も多いと思います。

そんな「アニサキス」と「サナダムシ」について、少し詳しく説明していきます。

寄生虫「アニサキス」について

寒くなると「たら鍋」などの温かい鍋料理を食べたくなりますよね。

「アニサキス」は、この「たら」や「イカ」などからよく見つかるんです。

自身で海鮮を捌かられる方は、実際に見つけたことがある方も多いと思います。

「アニサキス」は最終的にイルカに寄生することが多く、イルカがよく食べる魚類に寄生しています。

もし、私達が「アニサキス」を食べてしまっても、胃の中で消化されるので問題はなさそうですが、死滅する際に「アニサキス」が胃の中で暴れまわる為に「激しい腹痛」や「吐き気」に見舞われることが多く報告されています。

また、タラの胃袋のキムチでできた「チャンジャ」をほじくると死滅した「アニサキス」が見つかることがよくあるそうです。

しかし、死滅しているためそのまま食べても問題は少ないそうですが、こんな話しを聞いてしまうとあまり食べたくはないですよね。

「アニサキス」は冷凍したり、調理の過程で加熱することで死滅するので、できれば魚を食べる時は火を通して調理することで安心して食事できます。

寄生虫「サナダムシ」について

そして、ちょっと厄介な寄生虫なのが「サナダムシ」です。

2017年、米国のお寿司が大好きな男性が自宅トイレで用を足していたら、体内からひものようなものが飛び出しているのを見つけ、引っ張り出したところ、なんと長さ1.7メートルのサナダムシだったのです。

彼はサーモンが大好物で、お寿司はもちろん、自宅でも毎日のようにサーモンの刺身を食べ ていたそうです。

このように「サナダムシ」は「サケ」などの魚類、そして「豚肉」や「豚のレバー」にも寄生している可能性があるそうです。

このサナダムシが人間の体内に感染すると、先ほどの米国人のように体内で成長し続けるのです。

つまり、寄生虫を体内で飼っている状態になってしまいます。

日本での「サナダムシ」への体内感染は2007年から2017年までに何と439例が確認されているのです。

サナダムシは体内に寄生すると「吐き気」や「腹痛」「下痢」を引き起こす場合もありますが、まったく自覚症状が出ない場合も多く、人間が食べた食べ物を「サナダムシ」が胃の中で食べながら徐々に成長していくのです。

なんと「サナダムシ」は10メートルにも成長すると言われているんですよ。

「サナダムシ」も冷凍や加熱することで死滅するので、生で「サケ」を食べる際には注意したいですね。

「サナダムシ」への感染の疑いがある方は、医療機関での検査を受ける事を強くおすすめします。

もしも、体内で飼っている「サナダムシ」が確認されても安心してください。

「プラジカンテル」や「アルベンダゾール」という薬で「サナダムシ」は死滅させる事ができます。

また、痙攣などを起こすほど症状がひどい場合は、医師の判断により「抗けいれん剤」など適切な薬が処方されます。

最後に

如何でしたでしょうか。

このように、魚は火を通すなどの処理をしないと寄生虫に感染する可能性があるんです。

特に海水魚では「サケ」「タラ」「イカ」が要注意です。

また、淡水魚では「コイ」「サワガニ」などに注意してください。

最近では「アニサキス」に関しては「正露丸」が効くと言われていますよね。

もしも「アニサキス」に感染してしまった場合の緊急処置として、そういったお薬を飲むのも良いかもしれません。

最後まで読んで頂き、誠に有難うございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
健康
美容と健康の悩みを解決する100万人レビュー部