スポンサーリンク

たった60分歩くだけで体に得られる驚きの効果:ウォーキングが人生を変える

皆さん、普段から運動されていますか!?

簡単なウォーキングなんかでも運動になりますが、「歩こう歩こう」とは思っているけれど、思うだけでなかなか行動に移せないという方、結構多いのではないでしょうか。

そして、ウォーキングしたからといって体にどんな効果があるのかよくわからないって方も多いと思います。

効果がわからないので、「歩こう歩こう」とおもっても行動できないって事もありますよね。

今回は、そんなウォーキングが、体にとって一体どんな効果があるのか、その驚くべき効果について紹介して行きたいと思います。

この記事を読んだ後には、さっそくウォーキングを始めてしまうかもしれません。

スポンサーリンク

「10分」のウォーキングで得られる効果

歩き始めると、その瞬間から血液のめぐりがよくなります。

10分ほど歩くと、毎分5キロカロリーから6キロカロリーが燃焼し始めます。

血液の循環が良くなり、筋肉にもたくさんの酸素が送られるようになり、「うつ病」になるリスクを減らしてくれます。

「認知症」や「心臓病」のリスクを下げる効果も期待できますので、たかが10分とはいえものすごい効果です。

スポンサーリンク

「20分~45分」ウォーキングすると

10分から20分ウォーキングすると、体の体温が上がり始め血行が良くなり、呼吸もより深くなります。

そうなると、脳内の情報が整理される効果も期待できます。

より長く、45分ウォーキングすると更に良いことが起こります。

血液中のインスリン値が低下していき、「糖尿病」のリスクを減らすことができます。

ストレスからも解放されてリラックスしてきます。

1日30分のウォーキングを継続した結果、「心疾患」や「脳卒中」「糖尿病」の発症が約30%から40%減少したという研究結果が報告されています。

また、40分のウォーキングを週3回行ったところ、脳の記憶をつかさどる海馬が1年で2%増量したという研究結果も報告されています。

スポンサーリンク

「60分」ウォーキング

60分間歩くと、体の芯から温まっていることを体感できる頃だと思います。

体が温まってくることを感じると「ダイエット効果」も期待でき、脂肪が燃焼され「免疫力」も高まります。

酸素が体内の隅々に行き渡るようになり、さわやかな気分を味わえるはずです。

ドコモヘルスケア社の「からだデータ白書2015」によると、高年収の人ほどよくウォーキングしているそうです。

スポンサーリンク

続ける事が大切

ここまでの説明で「いいえ話を聞いたなぁ」「日常生活で歩いてれば痩せるのかぁ」と思ってもらえたら、さっそく実行しましょう。

でも、いったいどれくらい続けると効果は期待できるのかも知りたいですよね。

即効性を期待されて居る方には残念ですが、ウォーキングを実施したからといってすぐに痩せるわけではありません。

個人差がありますが大体の目安として、早い方で1カ月、遅い方で約2カ月から3カ月で脂肪燃焼効果が表れてきます。

ウォーキングは体に負担がかからないのが魅力ですが、その分1回で消費できるカロリーも少ないため、効果が現れるまでに時間が必要となるのです。

スポンサーリンク

よく聞く1日「1万歩」の効果とは

よく「1日に1万歩を歩くと良いよ」なんて聞いた事があると思います。

いったい一万歩を歩くとどんな効果が期待できるのでしょうか。

1万歩を歩くと300キロカロリーから400キロカロリーが消費され、2週間続けると1キロほどの脂肪を減らすことができます。

そして、1日平均1万歩を歩く人の割合は、男性で30パーセント、女性で20パーセントだそうです。

現代人は、殆ど歩いていない事が分かりますね。

1週間に1回まとめてウォーキングをするのは効果が少なく、3日以上ブランクを作らないでウォーキングを続ける事が理想です。

また、水中ウォーキングは関節への負担が少なく、水の抵抗で運動消費量が多く効率がいいと分かっています。

スポンサーリンク

「健康寿命」を伸ばす効果がある

ウォーキング効果には、こんな実験結果もあります。

  • 全く歩かない人
  • 1日15分歩く人
  • 1日30分歩く人
  • 1日60分歩く人

上記のグループに分けて寿命を調査した結果、「1日60分歩く人」のグループが一番長生きしたのかという研究結果が報告されています。

60分間歩くことで期待できる効果をここまで説明してきたので、納得の結果といえますよね。

それと最新の運動生理学では、「歩くスピードが速い人」は「歩くスピードが遅い人」よりも寿命が長い傾向が明らかになっています。

スポンサーリンク

最後に

如何でしたでしょうか。

内閣府の調査によると「今後やってみたい運動は?」という質問にたいし、「ウォーキング」と答えた人が1991年以降不動の第1位という結果が出ています。

そのため、これを機にウォーキングをさっそく始めたようという方が増えると良いかなと思います。

でも、突然の長い時間のウォーキングは思ったよりも体に負荷が掛かる事がありますので、はじめは短い時間から始める事をオススメします。

最後まで読んで頂き、誠に有難うございました。