男が嫌う5つのNGメイク:女子ウケ良くても好きな男性からは嫌われちゃう!?

女性は、毎日化粧や、アイメイ、クリップなど外見を整えるため、様々な努力をしています。

もちろん、どれもが適量であれば男性を惹きつける強い武器になるのですが、たまに男性が引いてしまうようなメイクがあります。

今回は、女子ウケが良くても、男性が嫌うNGメイクを解説していきたいと思います。

好きな男性に好かれたいと、一生懸命メイクしていても、実はそのメイクが男性が嫌うNGメイクの可能性があります。

好きな男性を振り向かせるには、この記事を参考に自身のメイクを見直してみてください。

アイメイクしすぎ

「いや、それ白目なくね・・・・!?」

たまに、付けまつげがアゲハ蝶みたいになっている人がいますよね。

アイシャドウをガッツリ塗りまくり、まつげを盛りすぎて、もはや白目がない状態の人もいます。

すべては目を少しでも大きく見せたいという、邪(よこしま)な気持ちから起こるものです。

しかし、白目が無くなってしまうまで、アイメイクをするのはやりすぎです。

また、派手なカラーコンタクトもなんか爬虫類っぽくて、男性は引いてしまっていますよ。

やはり男性は、有村架純のようなナチュラルメイクが大好きなんです。

不気味なほど肌が白い

「おまえ、顔色悪すぎて死人みたいだな!?」

美肌至上主義の現代では、女性の肌が白くて綺麗なことは当たり前の条件になりつつあります。

もちろん、肌のキレイな女性は男子も大好きですが、美白を求めるあまりやりすぎて、顔だけが白浮きしてお化けのようになっている人もいます。

これではもう、化粧ではなく「塗装」です。

男性からは、「顔色悪いけどお前大丈夫か!?」と心配されてしまうことでしょう。

または、鈴木その子とあだ名を付けられているかもしれません。

やはり男性は、有村架純のようなナチュラルメイクが大好きなんです。

真っ赤なリップ

「いやいや、赤いリップって苦手だわ・・・・」

真っ赤なリップに、男性は魅了されるみたいな風潮がありますよね。

確かに昔の人は違和感を感じるほど、真っ赤なリップでも魅力的だと感じたのかもしれません。

しかし、今はナチュラルを残してリップをつけるのが鉄板です。

色も赤というよりも、ローズ色のほうがいいでしょう。

やはり男性は、有村架純のようなナチュラルメイクが大好きなんです。

肌にキラキラのラメ

「肌がキラキラし過ぎ、叶姉妹かよ!?」

肌にキラキラしたラメを付けている女性もいますよね。

たしかに男性はキラキラしたものが大好きです。

それは、遊戯王のレアカードを嬉しそうに持っていることからもよくわかります。

しかし、女性にはキラキラよりも、透明感を求めているのです。

わずかであれば、あってもいいと思うのですが、キラキラのやり過ぎは男性から嫌われるメイクになってしまします。

やはり男性は、有村架純のような(以下略)

チークのやり過ぎ

「なるほど、おまえセキセイインコだな!」

ほんのりと顔が赤らんだ女性って本当に可愛いですよね。

もちろんあれは、女性の毛穴から湧き出る天然成分ではなく、チークの仕業です。

しかし、チークはほんのわずかでなければなりません。

もし少しでも盛りすぎると、セキセイインコみたいになるので、完全に逆効果です。

「この子はチークして無くて、このほっぺの明るさなのかな!?」って思わせるくらい自然に仕上げましょう。

やはり男性は、有村架純(以下略)