スポンサーリンク

尿でわかる健康状態:危険サインの色・泡・匂い・透明・濁り・茶色など

変に思われるかもしれませんが、トイレに行く時は健康状態を知るチャンスでもあるのです。

洗面所で、体重計に乗るとか、鏡を見て顔に吹き出物が出ているかをチェックする事を言っているのではありません。

おしっこの事について話しているのです。

尿の色を見れば、あなたが健康か、病院に行く必要があるのかが分かります。

今回は、尿でからあなたの健康状態を明らかにする7つのポイントをお伝えしていきます。

具体的には、尿の色や、状態をみて、それがどのような健康状態を示すのかと、それぞれの問題に対して、何をどうすべきかを説明していきます。

尿がいつもと違っていたり、違和感を感じている方は、是非最後まで読んで頂けたらと思います。

スポンサーリンク

尿がオレンジ色

尿が突然オレンジ色に変わったことに気がついたら、まだ心配しなくても大丈夫です。

抗炎症薬や、化学療法、および、センナを含んだ下剤により、このような色の変化を引き起こす可能性があります。

もしくは単純に、ニンジンの食べ過ぎかもしれません。

これは冗談ではなく、ニンジンのベータカロチンの色素があなたの尿をオレンジ色に変えるのです。

上記のどれにも当てはまらない場合は、たくさん水を飲むようにしてください。

脱水症状を起こすと、あなたの尿が濃縮され、濃い黄色からオレンジに変わります。

しかし、水分摂取量を増やせば、色は数時間で正常に戻ります。

水をたくさん飲むことはおすすめですが、同時に眼もチェックしてください。

あなたの白目の部分が、黄色くなっていて、尿がオレンジ色であれば、肝臓が正常に機能していないサインです。

出来る限り早く病院で診てもらいましょう。

尿がピンク色や赤色

ピンクや赤みを帯びた尿を見ると、大抵の人はパニックになります。

しかし、慌てる必要はありません。

食品や薬物による可能性が高いからです。

火焔菜、ブラックベリー、ブルーベリーを食べたということであれば、恐らく何も心配する必要はありません。

これらの合成物質は、腎臓の働きにより、尿になり排出されます。

食べ物が原因だとすれば、あなたの尿は翌日までに正常な色に戻るはずです。

そうでない場合は、医師に連絡してください。

もう一つの原因は結核の治療に使用されるリファジンやリマクタンなどの抗生物質によるものです。

あなたがフェナゾピリジンなど尿路感染症を治療するための薬を服用している場合、尿はピンクに見えるかもしれません。

処方箋なしで抗生物質を含む薬物治療は決して行わないでください。

医師は副作用について説明する義務があります。

もしなんの説明もなければ、医師に尋ねてください。

たいていの人は気付くと思いますが、血尿が原因の場合もあります。

血尿は尿路感染、腎臓病、癌性または良性腫瘍、もしくは横行、または腎臓結石のサインです。

血や血の塊などが混じっている場合は、直ぐに医師に相談してください。

医師はこのような症状において、女性は特に診断が不十分であることが多いといいます。

その理由は生理不順によるものと決めつけて無視してしまうからです。

尿が緑色や青色

緑色や青色の尿が出た場合、見たこともない尿にかなりのショックを受けると思います。

これは本当にショックですが、人工着色料を使用した食材や、アスパラガスなどを食べると、尿は青色や緑色に変色することがあります。

そのため、心配することはありません。

1日か2日で元に戻るでしょう。

さらに、抗うつ薬、インドメタシン、鎮静剤などの薬剤により、変色する可能性もあります。

しかし、これらのどれにも当てはまらない場合は、今すぐ病院に行きましょう。

緑色の尿は、ジュードモナス菌によって引き起こされる、尿路感染症の兆候かも知れません。

このウイルスは、腎臓結石を引き起こす場合もあります。

尿路を通じて、体の外に出ようとするとき、大変な痛みを伴うことは想像するに難しくありません。

尿が茶色

尿が茶色であれば、重度の脱水症状の兆候です。

カフェイン飲料を飲まずに、もっと水を飲んでください。

最近ルバーブや、ヒヨコマメを食べたか思い出してみてください。

食べた心当たりもなく、十分な水分をとっているにもかかわらず、色が戻らないなら医師に連絡してください。

茶色の尿は、肝臓や腎臓に問題があることを示します。

注意

茶色の尿に、腹痛・発疹・発作を伴う場合、遺伝的なものの可能性が高く、また血液は分解すると茶色に変わりますが、これは腫瘍のように重病のサインを表します。

考えられる理由が何であれ、専門家に相談するのが最善の方法で、ただ祈るだけでは時間の無駄です。

尿が泡立っている場合

たまに尿が泡立っている場合は正常です。

勢いよく尿を出すと起こる場合があります。

渋滞中のトラブルで我慢の末に駐車場にやっとたどり着いた時なんかがそうです。

あなたがジェット噴射のように尿を発車した直後に泡立っているだけなら大丈夫ですので気にしないでください。

しかし、いくら経っても泡立っている場合や、頻繁に起こる場合は医師に相談してください。

泡立っている尿は、タンパク質の過剰摂取の兆候でもあります。

肝機能障害の可能性もありますので、専門の医師に診てもらいましょう。

尿が透明の場合

あなたの尿が透明であれば、水分の取りすぎのサインです。

過剰摂取は水分不足と同じくらい良くないことですので、適量に摂るようにしましょう。

あまりにも大量の水を飲むと、特定のリスクにつながる可能性があります。

代表的なものでは、体から塩分は取り除かれ、科学的不均衡を引き起こす危険性です。

そのため、なぜ尿が透明であるかをチェックするため、しばらく水を控えてみてください。

尿が淡黄色・透明な黄色・濃い黄色

そして最後に、あなたが日常よく見る色で、心配不要な色です。

理想的には淡い金色でなければなりません。

幸運にもあなたの尿が完璧な色ならば、あなたの水分摂取量は適量です。

ちょうど必要なだけの水分を摂取していることを示します。

尿がより濃く、淡い金色にならない場合は、もう少し水分が必要であることを意味します。

簡単な判別法として、尿がレモネードのように見えれば、あなたの健康は大丈夫だということを覚えておいてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
健康
美容と健康の悩みを解決する100万人レビュー部