スポンサーリンク

家で簡単に視力を回復させる方法:ブルーベリーでは良くなりません

地球上の75パーセントに及ぶ人々が、メガネやコンタクトレンズを着用しているんです。

驚くほど多い人が、視力に何らかの問題を持っている事になります。

一度落ちた視力は、回復しないと思っていませんか?

家で簡単に視力を回復させる方法があるんです。

今回は視力の向上を助けるか健康法をご紹介します。

視力で親並みの方は、是非読んでみてください。

スポンサーリンク

アロエで視力回復

アロエの汁には主要なビタミンと、白血球の生産や組織回復を助ける抗酸化物質が含まれています。

これらは目を覆っているデリケートな幕を保護し、白内障の治療と角膜の強化に役立つ主成分となります。

また、アロエには糖尿病になりにくいよう、血糖値を下げておく働きがあり、多くの目の病気が糖尿病に関連していることが、なんとなくおわかりいただけると思います。

では、100パーセント新鮮で、高品質のアロエジェルをどのように採取するのか、詳しく説明していきたいと思います。

アロエを鉢植えにしてお部屋に置くと、素敵なインテリアにもなりますし、この魔法のような葉っぱをいつでも使うことができます。

  • アロエの葉は、利用する10日前くらいに切って洗っておきます
  • 小さな葉っぱが成長できるよう、大か中くらいの大きさの葉っぱを選んでください
  • 摘んだアロエは、冷蔵庫に入れると10日間長持ちさせることができます。

アロエジェルの作り方

さて、それでは実際にどのように葉を切り開いて、中の分厚い新鮮なジェルを取り出すのか説明していきますね。

まず葉を20センチくらいに切り揃え、葉っぱからトゲを取り除いてください。

次にナイフで、角のギザギザの突起を取り除き、5~7.5センチの切片に切り分けます。

そしてナイフを横に向け、新鮮なアロエジェルを包んでいる皮をできる限りに薄く取り除きます。

葉の裏側も皮をはがし、残りの片方のジェルも同様に取り出して、一つのボールに入れ、ブレンダーを使って滑らかにします。

これで、アロエジェルの出来上がりです。

これから紹介するレシピでは、アロエジェルを100ml程度使用する事になるので、100mlはアロエジェルを作っておいてください。

余分に作ってしまった場合、グラスの容器に入れて、冷蔵庫に最長1週間保存してください。

それよりも長く保存して使用したければ、凍らせるか、天然の保存料を入れてください。

アロエジェルを使った視力回復レシピ

アロエはそのまま利用しても十分効果がありますが、さらに次の材料を混ぜて効果を上げます。

ブレンダーを使って、これらの材料を一緒になめらかになるまで混ぜ合わせます。

  • クルミ450g
  • ハチミツ300ml
  • レモン4個分の搾りたてジュース

使用方法

スプーン1杯のこの魔法の混合飲料を1日3回、食事の30分前に服用します。

この療法は、1カ月を1コースとし、1ヶ月服用した後には、2週間の休憩を挟んでください。

特にアロエジェルの注出は大変そうに思えますが、素晴らしい結果が得られます。

苦労する価値は十分にあり、違いがはっきりと感じ取れます。

イチョウの葉で視力回復

イチョウの葉は、不安を緩和し、記憶力や思考力をアップさせます。

特に痴呆やアルツハイマーを患っている人には、とても良い植物です。

視力に関しては、目の血流を促進させます。

それによって視力を改善し、一般的な目の病気である、緑内障や黄斑変性症の進行を防ぎます。

イチョウの葉をわざわざ取りに出かける必要はなく、地元の薬局で120mlのカプセルに入ったサプリメントがが売っています。

カプセルの中身を2~3等分して、その一つを毎日服用すると驚きの効果が現れます。

緑茶で視力回復

フラボノイドと言われる抗酸化物質が、豊富に含まれており、緑内障、黄斑変性症、白内障のような眼の病気を引き起こす可能性のある、フリーラジカルを解消します。

また緑茶は眼の日焼け止めのようなもので、それに含まれるポリフェノールは、白内障や、他の眼の疾患を引き起こす紫外線から、あなたの眼を守ってくれます。

乾燥した緑茶の葉スプーン1杯で、1カップのお茶が作れます。

緑茶を入れるのにお湯を沸かすときは、熱くなりすぎないようにしてください。

85度くらいの温度が適当です。

お湯を緑茶の葉を入れたカップに注ぎ入れ、3分間おきます。

もし、緑茶の葉が浮くのが嫌であれば、茶こしを使うと良いでしょう。

温かいお茶を飲むのも、冷やして飲むのも、お好み次第で構いません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
健康
美容と健康の悩みを解決する100万人レビュー部