自宅で簡単にダメージヘアを改善するおすすめの方法:5つの質問で髪質判断

キレイでコシのある輝く髪は、すべての女性が心から憧れているものですよね。

もともとサラサラな人は良いですが、そうじゃない人多いですよね。

実は最も重要なことは、日々のお手入れを正しく続けているかが重要なんです。

今回は、究極の髪のお手入れ方法をまとめたので紹介したいと思います。

しかも、自宅で簡単に行えるお手入れ方法ばかりなので、きっとお手入れ方法として取り入れる事が出来ると思います。

また、あなたの髪質が分かる、簡単な5つの質問を用意しています。

髪質によってお手入れ方法も変わってきますので、自分の髪質に合った正しいお手入れ方法で綺麗な髪を手に入れましょう。

洗い方

まずは最も簡単なこと髪の洗い方から始めましょう。

それでは始めに、お風呂に入る前に髪の毛を丁寧に溶かしましょう。

シャンプーを手のひらに乗せ、あらかじめ濡らしておいた髪の毛につけます。

シャンプーで頭皮をマッサージするように洗い、耳から頭の後ろへと進んでいきます。

このマッサージは血流を良くし、髪の成長を促します。

その後、ぬるま湯ですすいでください。

もし必要ならもう一度髪の毛を洗ってください。

コンディショナーを使用し、ぬるま湯ですすいだ後、冷水でもう一度すすいで下さい。

温かいタオルで水気を取ります。

頭皮から始めて、毛先へと手を動かしてください。

ドライヤーでの乾かし方

次はドライヤーでの乾かし方です。

まず、ドライヤーの熱から髪を保護するトリートメントを使いましょう。

そして、髪の毛を何箇所かに分けます。

まず根元を少し持ち上げ、ドライヤーを10センチほど離して乾かします。

ボリュームを出したい場合は、根元から毛先へと動かします。

後頭部の髪から始め、サイドの髪へと乾かしていくと良いでしょう。

根元部分を少し持ち上げたら、ドライヤーを下に向けて乾かしましょう。

次は、頭の中心部分を乾かしていきます。

ドライヤーのかけすぎに注意してくださいね。

ドライヤーを使用するのは週に1~2回が目安です。

ドライヤーの熱により、髪のパサつきやすくなり、枝毛や切れ毛の原因になります。

特に夏は自然乾燥をして髪を熱から休ませましょう。

髪の毛のタイプ

それでは、あなたの髪質が、どのタイプの髪質かを判断する5つの質問を行います。

質問1

どのくらいの頻度で髪を洗いますか?

A:2~3日おき

B:毎日

C:1週間に1度

D:2~4日おき

質問2

どのくらいで、頭皮が油っぽくなりますか?

A:2日後

B:夜

C:1週末

D:2~3日後

質問3

毛先の具合は、どのような状態ですか?

A:普通

B:枝毛はほとんどない

C:乾燥して、切れ毛がある

D:乾燥して枝毛がある

質問4

髪のボリュームはどうですか?

A:普通

B:シャンプー後にボリュームが増す

C:ボリュームがある

D:毛先がよじれることがある

質問5

どのくらいの頻度で静電気がおきますか?

A:時々

B:非常にまれに

C:よくおきる

D:毛先だけ

質問は以上です。

「A」、「B」、「C」、「D」で最も多かった回答数を確認してください。

Aの回答が最も多い場合

おめでとうございます。

素敵な髪の持ち主です。

あなたの髪質はとても稀です。

紫外線から髪を守りさえすれば、何の問題もありません。

Bの回答が最も多い場合

あなたの髪質は、少し脂っぽいですね。

これは頭皮自体が、脂っぽいからです。

この髪質をもつ人は、頭皮のベタつきを悪化させないように、髪の毛を触りすぎず、オイルマッサージは避けましょう。

それから髪の毛を熱いお湯で洗わないで下さい。

熱いお湯で洗うと、さらに油っぽさが増してしまいます。

Cの回答が最も多い場合

あなたの髪は乾燥タイプです。

頭皮自体が乾燥しているのが原因です。

この場合は、時々頭皮に温かいオイルマッサージを行い、毎日のシャンプーを避けることです。

毎日のシャンプーは髪の毛をより乾燥させます。

Dの回答が最も多い場合

あなたの髪質はコンビネーションタイプです。

頭皮が脂っぽく、毛先が乾燥しているということです。

この場合は、高温のドライヤーで髪を乾かさないでください。

ドライヤーの熱は、毛先をより乾燥させ頭皮を油っぽくしてしまいます。

カーリングアイロン

カーリングアイロンは、あなたの髪質によって違ってきます。

温度

髪質により正しいカーリングアイロンの温度選択をしましょう。

種類

次はカーリングアイロンの種類です。

時間

もう一つ大切なことは、カーリングアイロンをあてる時間です。

カーリングアイロンを使用する場合の大切な3ポイント

ストレートアイロン

ストレートアイロンもまた、あなたの髪質によって違ってきます。

温度

ストレートアイロンの適切な温度調整も髪質によって異なります。

種類

いろいろなストレートアイロンの種類についても説明していきましょう。

セラミック製は髪の毛が最も滑りやすいので、頻繁に使用できます。

トルマリンコーティングのものは、髪の太い天然パーマの人用ですが、静電気がよく発生する難点があります。

チタンプレートは、プロの美容師に最適です。

使い方

ストレートアイロンの使い方もとてもカンタンです。

まずは髪の毛を熱から守るスタイリング剤をつけて乾かします。

頭の側面から始めて、後頭部へで移りましょう。

アイロンは根元から毛先へと動かします。

頭の側面、後頭部が終わったら、次は頭の中心の部分へ移動します。

そして全てのパーツが終わったら髪の毛をとかしましょう。

ストレートアイロンを使用する場合の大切な3ポイント

頭皮用の油

アボカドオイル

アボカドオイルには、とてもたくさんの利点があり。

最も大切な髪の毛をやわらかくし、栄養と潤いを与えてくれます。

アボカドオイルを使用したヘアケア方法

アラゴンオイル

アラゴンオイルは、髪の毛に潤いと栄養を与え、かつ抜け毛防止に役立ちます。

そのままアラゴンオイルを使用してもよし、コンディショナーとして使用しても良いでしょう。

ココナッツオイル

ココナッツオイルもまた髪の毛に最適です。

ココナッツオイルは、傷んだ髪を自然に元通りに戻す助けをします。

最善な使用方法はヘアーマッサージです。

または、シャンプーにココナッツオイルを数滴たらしたら簡単に使用できます。

ホホバオイル

ホホバオイルも栄養と潤いを与え髪を守ります。

ホホバオイルは、ヘアマッサージに最適です。

指に数滴ホホバオイルを垂らし髪全体になじませます。

髪のパック

髪のパックは、これまで紹介してきたことと同じくらい、とても重要です。

髪が必要としている栄養と健康を促進するからです。

これから髪パックのレシピを髪質によってご紹介します。

普通の髪質用のパック

材料

使用方法

これらを加熱しながらゆっくりと、そして、しっかりと混ぜ合わせます。

冷ました後、髪全体に伸ばし、1時間なじませます。

このパックは、髪の輝きを取り戻してくれます。

傷んだ髪用のパック

材料

使用方法

これらを混ぜ合わせて、髪に使用し30分ほど放置した後、しっかり洗い流します。

このパックは傷んだ髪を改善し、必要なビタミンを補給します。

油っぽい髪使用のパック

材料

使用方法

これらの材料をすべてよく混ぜ、髪全体に伸ばしましょう。

30~40分置いた後に洗い流します。

このパックは、はつらつとしたボリュームのある健康な輝きを髪に与えてくれます。

食生活

食生活は、あなたの髪質にも大きな影響を与えています。

美しい髪には、ビタミンやミネラルの含むバランスのとれた食生活が不可欠です。

髪の美しさを保つだけでなく、あなたの健康と美貌を保つ重要なビタミンをご紹介していきます。

ビタミンC

ビタミンCは、頭皮の血液循環を改善し髪の成長を促進します。

ビタミンCを効率的に摂取するには、柑橘系の果物「キウイ」「ケール」や「甘露」「ローズヒップ」がおすすめです。

オメガ3

オメガ3は、老化を防ぎい遅らせてくれ免疫の強化を促進します。

「魚」「魚介類」「フラックスシードオイル」「アボカド」「クルミ」に多く含まれます。

ビタミンA

ビタミンAは、細胞を活発にし老化のスピードを遅らせます。

「レバー」「カッテージチーズ」「卵」「にんじん」「かぼちゃ」はビタミンAが豊富な食品です。

亜鉛とセレン

亜鉛とセレンは、有害な環境物質から私たちを守ります。

「卵」「牛肉」「ライ麦のパン」「牛乳」「魚介類」を食べましょう。

ビタミンE

ビタミンEは、毛根に栄養を与え、有害な紫外線から髪を保護します。

「ナッツ類」「種子類」「卵」「緑黄色野菜」「ベジタブルオイル」をより多く食卓に並べてみてください。

ビタミンB

ビタミンBは、髪の成長を刺激し、より輝く髪と弾力を与えます。

「朝食のシリアル」「種子類」「ぬか」「卵」は最高のビタミンBの源です。

季節

四季の変化による温度差は、髪を傷つけるかもしれません。

四季すべてを楽しむためにもダメージを防ぐ方法をご紹介します。

寒い季節

寒い季節は髪を守ることが重要です。

まず帽子をかぶりましょう。

そして、低温でドライヤーを使用することをお勧めします。

髪を健康に保つには、「ヘアパック」「ヘアセラム」「オイル」やビタミンなどを使用して寒気から髪を守りましょう。

暑い季節

暑い季節も寒い季節とさほどお手入れの方法は変わりません。

帽子は絶対に必需品です。

そして紫外線から髪を守るためのUVケア製品を使用しましょう。

ドライヤーについては、ちょっとの間お休みしましょう。