足の指や爪を綺麗にする方法!男は素足の時に必ずチェックしてる!

私たちの足は、毎日の忙しい生活、長い待ち時間、履き心地の悪い靴のおかげで大変な思いをしています。

その結果、疲れを伴い、私たちの健康な生活に支障をきたしてしまいます。

また、男性は素足の女性の足を以外にチェックしていることも忘れてはいけません。

お手入れしていない足を見られ、好意を持っている男性が幻滅してしまう事もあります。

そんな事にならないように、足や足の爪の究極のお手入れ方法を紹介いたします。

最も役立つ足のお手入れの方法と、足の爪をキレイに見せる方法を紹介しますね。

足を乾燥させておく

衛生に保つ基本的な原則の一つは、足を乾燥した状態に保つことです。

湿った環境は、細菌の繁殖を活性化させてしまいます

足の乾燥保つには次のようにしてください。

  • 同じ靴を連日履かないようにする
  • お風呂上がりは、タオルで足を拭く
  • 肌が呼吸できるよう天然素材で作られた靴を履く

足の爪を適切な長さに切る

足の爪を切り過ぎると、痛みを伴う陥入爪や、巻き爪になる可能性があります。

これらを避けるためのお役立ち情報をご紹介します。

  • 足の爪を切るときは真っすぐに切るようにしてください
  • 決して角を丸めて切らないでください
  • 足の爪を切りすぎないでくさい
  • 切り過ぎると巻き爪の原因や感染症を起こす可能性があります
  • 甘皮を切らないようにしてください
  • 専用のスティックを使用して泡がはお爪の付け根とを優しく押し上げるだけにしましょう

爪を健康に保つ

この手順を行うことで巻き爪の痛みを和らげることができます。

爪が完全に治るまで必要ならば毎日この手順を行いましょう。

この処置によって足の爪が改善されず、感染症の兆候が見られる場合は、直ちに医者に相談してください。

  • 1リットルほどのお湯に大さじ1杯の塩を加えます
  • 15分から20分ほど人肌ほどの温かいお湯に足を浸します

  • 綺麗な糸ようじを爪の端から下に入れ優しく持ち上げます
  • 消毒剤を使用して優しく拭き取ります

  • 絆創膏足の指に巻傷口を守りましょう

温かいお湯に足を浸す

素敵な足元で赤ちゃんの様な柔らかいかかとを手に入れるには、1週間に1度、温かいお湯に15分から20分間足を浸してみましょう。

足を再活性化するために、塩、エッセンシャルオイルまたは、ハーブなどを使用してみるのもいいです。

また、足専用のブラッシ、軽石を使用して角質を取り除きましょう。

足に潤いを与える

注目したい成分は、ジメチコン、ラノリン、ワセリンなどの潤いを保つ成分や、グリセリン、レシチンなどの保湿成分を含むクリームがおすすめです。

クリームを足の指の間に使用しないよう注意しましょう。

足の指の間に入ることで、ニオイの原因になるかもしれません。

  • 足をマッサージする
  • 足をマッサージすることで疲労を取り除き、血液循環が改善され足の健康が促進されます

特別なマッサージ器を購入するもよし。

安上がりにしたいなら普通のテニスボールを足の下に置き、つま先からかかとまで前後に転がすこともオススメです。

靴擦れを防ぐ方法

新しい靴を履くと必ずと言っていいほど靴擦れができますよね。

そこで、靴擦れができにくい秘訣をお教えします。

絆創膏を使用する

これは最も当たり前のことですが靴擦れには効果的です。

出かける前に絆創膏を貼りましょう

そうすることによって、摩擦を減らし靴擦れができにくくなります。

ベビーパウダー

足と靴の摩擦を減らすためにベビーパウダーを使用するのもおすすめです。

靴を履く前にパウダーをふりかけるだけです。

靴下を履いている場合でも効果的です。

ここで気をつけたいのが、足が蒸れる前に使用することです。

ヘアードライヤーと厚手の靴下

厚手の靴下を履き靴を履いてください。

ヘアドライヤーを窮屈な部分に当てキツさを感じなくなるまで温めます。

次に家の中を靴が完全に冷えるまで歩きまわります。

この手順を何回か繰り返しましょう。

靴の素材がドライヤーの熱によって広がりより動きやすく柔軟になります。

これは本皮などの天然素材でできた靴にしか適用しませんのでご注意ください。

制汗剤

新しいハイヒールやパンプスを履くと、脚の外側の部分、かかと、つま先が一番被害を受けますよね。

その時は、足と靴の摩擦を防ぐために、ロールオンの制汗剤や、固形タイプのものを痛い部分に塗ってみてください。

シリコン製の中敷き

シリコン製の中敷きは、整形外科がおすすめの中敷きです。

靴屋もしくは、インターネットで購入することができます。

シリコン製中敷きには、2つのタイプがあります。

足全体用の中敷き(足全体を守るもの)

半分の大きさの中敷き(つま先またはかかとだけを守るもの)

その時々に合わせて使い分けをしてみましょう。

水を入れたビニール袋

水を入れた2つのビニール袋を用意します。

靴の先端にビニール袋を入れる。

その後一晩冷凍庫に入れておく。

翌日その袋を取り出します。

水が凍ると拡張されるため靴の先が少しだけ引き伸ばされます。

狭かった靴先に少し余裕が出来て靴の履き心地が良くなります。

中指と薬指をテープで巻く

奇妙に聞こえるかもしれませんが、足の中指と薬指を一緒にテープで巻くと、靴の履き心地が良くなります。

信じられないかもしれませんがテストし実証済みです。

足を休憩させる

もし毎日歩きにくい靴を必ず履かなければならない場合は、履き心地の良いパンプスやスリッパを足元にこっそり置いてはいかがですか?

足をリラックスさせることはとても良いことです。

可能であれば、事務仕事中など履き替えてみましょう。

ウェッジソールに履き替えてみる

毎日ハイヒールを履くのは拷問のように苦痛だったり、新しいパンプスは必ず足が痛くなるという先入観はありませんか?

もしそうならウェッジソールを試してみてください。

とても歩きやすく、驚くほど安定感があります。