医療脱毛と美容脱毛の両方を経験して:効果・金額・違いを説明します

今日は脱毛のお話をしていこうと思います。

これから結構暑くなってきて、薄着になる事が多いくなってくると思います。

そのため、脱毛を考えている方も多くいらっしゃると思いますので、今まで私が経験してきたことをお伝えしていければと思っております。

そして、脱毛って大きく分けると2つに分ける事が出来ます。

経験された事が有る方ならお分かりと思いますが、「美容脱毛」と「医療脱毛」の2つがメインとなります。

私は、「美容脱毛」と「医療脱毛」の両方共、経験しているので、2つの違いだったり、良かったところ、悪かったところ、メリット・デメリットも説明していきたいと思います。

私のスペック

脱毛する場合、その人の毛量によって効果が変わってきます。

私の脱毛経験をお伝えする前に、私の情報をまずお伝えさせてください。

私の毛量は、かなり多い方だと思います。

中学生くらいから、周りの同級生とくらべて手や足に生えている毛の量が多いのが、はっきり分かる状態でした。

そして、恥ずかしくて2日に1回くらいのペースで、カミソリで剃っていた事を今でも覚えています。

そのため、かなり毛量が多い人の経験をお伝えさせて頂く事を前提とさせてください。

医療脱毛と美容脱毛の違い

まずは、「美容脱毛」と「医療脱毛」の違いについて、簡単に説明させてください。

美容脱毛

美容脱毛っていうふうに言われるものは、エステ脱毛とか光脱毛とか言われるものが一括りとなっているものです。

某TBCの脱毛などが美容脱毛です。

私は、大学生の時に全身の美容脱毛を12回受けております。

私が経験して感じた美容脱毛の感想

  • 痛みが少ない
  • 費用が安い
  • 1回の効果が弱い

痛みについて

美容脱毛の痛みについて、ほぼほぼ痛みを感じる事はありませんでした。

毛が太いデリケートゾーンのVIOラインや脇は、ほんのちょっとだけ痛みを感じたかなくらいです。

脱毛でよく表現される痛みとして、輪ゴムを伸ばして当てた痛みと言われますが、私は何の痛みも感じませんでした。

費用について

費用について、当時私は学生だったので、受けていた医療脱毛高額に感じていました。

その後、医療脱毛を受けるようになってから、美容脱毛の方がかなり安いんだと分かりました。

私が当時大学生の時にうけた全身脱毛の費用は、12回コースで21万円でした。

今現在同じお店には、12回コースは無くなっていましたが、10回コースで10万円になっていました。

そのため、さらに美容脱毛は医療脱毛に比べると安くなっていると思います。

効果について

効果については、「美容脱毛」と「医療脱毛」の両方を受けたことがある方でなければ分からないと思いますが、脱毛を受けたあとは当然毛が無くなっていますが、毛の生える周期で、また毛が生えてきてしまい、あまり効果を感じる事ができませんでした。

12回コースを受けて、全体の毛が10だったとすると、7くらいまで少なくなった状態です。

デリケートゾーンのVIOラインなど毛の太い箇所は、結局元に戻っていました。

毛が無くなることはありませんでしたが、毛が細くなった状態です。

医療脱毛

湘南美容外科クリニック

医療脱毛は、美容脱毛では使用する事ができない脱毛機器を使って、毛根を破壊する事が特徴です。

また、その脱毛機器は、医師が常駐していなければ使用する事ができません。

私の医療脱毛経験は、今現在進行系で全身脱毛を6回契約して4回脱毛を受ている途中となります。

現在私が受けているのは「湘南美容クリニック」のコースです。

私が経験して感じた医療脱毛の感想

  • 痛みが強い
  • 費用が高い
  • 1回の効果が強い

痛みについて

脱毛箇所によりますが、痛い箇所は正直、痛いです。めっちゃ痛いです。

デリケートゾーンのVIOラインみたいな毛の太い箇所は、痛いです。

塗る麻酔を行ってから受ける事も出来ますが、私はそこまでの痛みを感じる事はなかったです。

美容脱毛で説明した輪ゴムの痛みで表すと、かなり限界まで引っ張った輪ゴムを当てられる痛みだと思ってください。

痛くない箇所は、ちょっとピリッとするくらいです。

費用について

美容脱毛にくらべ、医療脱毛のほうが金額は高価です。

それでも、昔に比べると美容脱毛と同じく、金額は全体的に安くなってきていると思います。

費用対効果で言えば、医療脱毛の金額は、美容脱毛に比べると遥かに安いとも言えます。

効果について

美容脱毛と比べると医療脱毛の効果は、1回目から効果を感じる事ができます。

場所によっていは、1回の脱毛処理で毛の生える周期となっても、まったく毛が生えてこなくなります。

デリケートゾーンのVIOラインのような毛の太い箇所については、私は3回目でほぼほぼ毛が生えてこない状態になっています。

完全に毛が生えてこない状態の効果を望む場合は、医療脱毛を行う必要がります。

「美容脱毛」と「医療脱毛」の両方を経験した私の感想

「美容脱毛」と「医療脱毛」の両方を経験から私がオススメするのは、「医療脱毛」になります。

医療脱毛をオススメするんですが、当然医療脱毛にもメリット・デメリットがあります。

医療脱毛のメリット

脱毛効果が非常に高い

脱毛効果が非常に高いです。

毛が完全に生えてこなくなります。

デリケートゾーンのVIOラインで比べた場合は、私は医療脱毛では12回脱毛処理を受けましたが、毛が無くなる事はなく、薄くなった状態でした。

医療脱毛では、3回目の脱毛を受けた状態で、ほぼほぼ毛が全く生えてこない状態になっています。

4回目の脱毛を行う際、デリケートゾーンのVIOラインについは、クリニックから「毛がない状態ですが処理を続けますか?」と確認される状態でした。

毛穴の黒ずみが消える

私の場合ですが、脱毛する前は、毛抜で毛を抜いていました。

毛を抜いている方なら分かると思うんですが、毛を抜いていると、次に毛が生えてくる時に、皮膚に毛が埋まってしまうんです。

そして、毛を剃っている場合については、皮膚が乾燥してしまって黒ずんでしまいます。

脱毛を受ける前は、そんな黒ずみに悩んでいました。

脇なんかは、毎日剃っていたので、剃りすぎて痛い状態にもなっていました。

そんな黒ずみですが、医療脱毛の1回目で効果が出るので、毛を剃ることがなくなります。

そして、悩んでいた黒ずみが、直ぐに消えました。

黒ずみ消えた事が、医療脱毛をして一番良かったと思ったことです。

湘南美容外科

医療脱毛のデメリット

痛みがある

医療脱毛は、脱毛を行う箇所によっていは、非常に痛いです。

痛いといっても我慢できない程の痛みではないので、続けられなくなる事はありません。

また、痛みがヒドイ場合は、塗る麻酔を使ってもらうことも選択できます。

私は、レイザー照射の間隔を5秒程度空けて行ってもらう程度で大丈夫でした。

価格が高い

美容脱毛に比べると、やはり医療脱毛の方が価格は高いです。

だんだん価格が安くはなってきていますが、それでも全身脱毛で数十万掛かると思います。

全身ではなく、VIOラインだけや、脇だけなど、一番気になる部分だけを脱毛する事もできます。

部分脱毛の場合は、全身脱毛よりも金額が安く行えるので、金額に応じた脱毛を選ぶのも方法だと思います。

一時的に肌の調子が悪くなる

美容脱毛では肌に異常を感じる事はありませんでしたが、医療脱毛の施術を受けた後は、一時的に肌の調整が悪くなります。

医療脱毛は、毛根をレーザーで殺すので、レーザーを当てている間、毛が焼ける匂いがしています。

そのため、肌の弱い顔なんかは赤く反応してしまう事があります。

体調にもよると思いますが、その日の晩で赤みが引く場合もあれば、3日くらい赤みが引くのに掛かる場合もありました。

人によっていは、シミにも反応してしまい、シミが一時的に濃くなる場合もあるそうです。

ホクロ等は、大きさなどでレーザーが当たらないよう、テープ処理等をしてから行う場合があります。

最後に

私が「美容脱毛」と「医療脱毛」から経験した内容について話をさせて頂きました。

人それぞれ毛量が違うので様々だと思いますが、私は毛量が多いので医療脱毛の方が金額が高いですが、効果を実感しました。

しかし、毛量の少ない私の友人は、美容脱毛で十分な効果となったいるので、人それぞれだと思います。

この記事でお伝えした事が、全ての人に当てはまるとは無いと思いますので、脱毛を考えている方の参考情報の一つとしてお役に立てればと思います。

私が通っている「湘南美容クリニック」は、下のリンクから公式サイトへ行けますので、気になった方は確認してみてください。

最後まで読んで頂き、誠に有難うございます。

公式サイトへ移動します
 

メディカルエステわき無制限