スポンサーリンク

男性が理想とする形の良いヒップをたった2週間で手に入れる方法

私たちの体は、私たちの食べるものによって作られると言われています。

ということは、丸くてキレイなお尻を夢見ているとしたら、ココナッツを食べなければいけないのでしょう?そんなことはないですよね。

美しいヒップラインを手に入れるため、正しく食事を取ることは、物理的なな運動と同じぐらい重要です。

男性が理想とする女性の引き締まったヒップラインを、たったの2週間で手に入れる方法を紹介したいと思います。

理想とするヒップラインになるために、何を食べてどんなエクササイズをすると良いのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

基本となるヒント

魔法の薬を飲んで、1週間で体重を減らすことができたら、とても簡単ですよね。

しかし、残念ながら世の中そんなにうまい話はありません。

丸くてキレイなお尻は、エクスサイズなくしてたどり着けません。

でも大丈夫ですよ。

ほんのちょっとの熱意とモチベーションがあれば、誰でもできるのです。

スポンサーリンク

ヒップアップのためのトレーニング

覚えておいてください。

トレーニングなくして、望む結果を手に入れることができません。

反対に、体重を増やすことはとてもカンタンです。

これらのトレーニングは、あなたののルーティンに必ず入れてください。

  • スクワット
  • ランジ
  • バックブリッジ

スクワット

スクワットを行うには、あなたの足幅を少し広めにします。

まっすぐ前を見て、頭を上下に動かさないでください。

腕は地面と平行になるようキープしてください。

また、背中はまっすぐにしてください。

まず腰を落とし、それに続けるように膝を曲げます。

膝を位置を保つことも重要です。

膝は足と直線上にあるようにしてください。

さらに腰を落として、股関節が膝に比べて低くなるようにします。

立ち上がるときは、お尻の筋肉を仕上げるように意識してみてください。

ランジ

肩幅ほどに足を開き、まっすぐ立ちます。

そして、片足をかかとから前に大きく一歩を踏み出し、ゆっくりと両膝を曲げて、体勢を低くします。

背中と上半身はまっすぐにして、膝は90度以上曲げないように気を付けて下さい。

これ以上を曲げると関節によくありません。

反対の足で同じ動作を繰り返します。

バックブリッジ

バックブリッジは。まず仰向けに横になります。

腕は体の横に置き膝を曲げます。

この時足は肩幅に開きます。

かかとで床を押し、お尻を持ち上げ、背中は曲がらないようまっすぐに保ちます。

息を吐き出しながらこの姿勢を数秒間キープします。

ゆっくりと息を吸いながら、元の姿勢に戻します。

スポンサーリンク

健康的な食事

これらのトレーニングの後、体が回復に向かう期間の栄養は、とても大切です。

激しい運動後、あなたのお尻は、体の修復サイクルに入ります。

適切な量を摂取すること、特に何を食べるか、ということがお尻をより大きく良い形にするためには重要です。

そして、シンプルなルール心がけて適切な栄養を摂るようにします。

ルール①「食べ過ぎは百害あって一利なし」

もしもアナタが、体重を増やしたいのであれば、食事の量を増やしても大丈夫です。

しかし、体の一部分だけを大きくしたい場合は、食べ過ぎてはいけません。

たんぱく質や炭水化物を摂り過ぎることは、潜在的な健康上の問題につながります。

ルール②「少なくとも一切れのフルーツを毎日食べる」

少なくとも一切れのフルーツを毎日食べましょう。

できれば1日3切れから5切れが望ましいです。

フルーツの繊維は、満腹感を満たすとともに、カロリーも低いです。

綺麗なヒップラインを作る食べ物

次にあなたのヒップラインを綺麗にする食べ物を見ていきましょう。

タンパク質

何故、タンパク質が必要なのでしょうか。

タンパク質は私たちを形成するレンガのようなものです。

私達の体のすべての細胞には、タンパク質が含まれています。

そのため、私たちはタンパク質を摂る必要があるのです。

そのおかげで私たちの体は、体細胞を修復したり、新しい細胞生み出だす事が出来るのです。

しかし、驚くかもしれませんが、すべてのたんぱく質が有益とは言えません。

例えば、「脂肪分たっぷりの肉」「いくつかの乳製品」「卵の黄身」に含まれるタンパク質は血中のコレステロールを上昇させることにつながります。

良質なたんぱく質の代表は、「マグロ」「卵白」「七面鳥」「鶏」「ティラピア」「豆類」「カッテージチーズ」「魚介類」魚は種類を問わず全てです。

ただし、油で上げていない物に限ります。

炭水化物

ダイエットをしたいと思ったら、食事から炭水化物を抜くべきだと聞いたことがあるでしょう。

しかし炭水化物日は2種類あり、あなたが控えるべきなのは、加工された炭水化物です。

もう一つのグループは無加工品で、食べるのが大丈夫なだけでなく、むしろ摂取すべき食品なのです。

お菓子は、バナナして、ソフトドリンクはフレッシュジュースにしましょう。

そして、筋肉を適切な状態に保つためにも摂取すべき食べ物です。

スポンサーリンク

脂肪

脂肪は、たんぱく質や炭水化物と同様に、私たちの体にとって必要なものです。

実際に、人間は脂肪を消費せずに生きることができません。

脂肪は、私たちに重要な脂肪酸を与えてくれます。

そのおかげで、私たちの肌は柔らかくなり、またエネルギーやビタミンを与えてくれます。

しかしながら、脂肪にもまた良い脂肪と悪い脂肪があります。

悪い脂肪は、トランス脂肪酸と飽和脂肪酸です。

これらの脂肪は、体重にも影響を与えますが、さらに心臓病を引き起こすリスクとコレストロール値を上げます。

良い脂肪は、コレステロール値を下げ、心臓病のリスクを減らすなど健康によい効果をもたらします。

さらには、あなたを理想の体験に近づけ、体重を減らすことにも役立ちます。

野菜

野菜には多くの繊維、そして、ピザミンとミネラルが含まれています。

野菜は明らかに私たちの健康に必要なものです。

そして何より野菜は、カロリーや脂肪分が少ないです。

空腹感を消すと同時に、体重を減らすのに最適な食品というわけです。

特に緑の野菜には、抗酸化物質が豊富に含まれているので、お腹いっぱい食べてください。