スポンサーリンク

目の下のクマを撃退する方法4つの方法

一度できるとなかなか消えてくれない、目の下のクマ。

疲れた印象を与えたり、実年齢より老けて見られたりするので困りものです。

また、そのまま放っておくと、色素が定着してしまい、手術でしか消せなくなってしまう可能あります。

きれば、手遅れになる前に根本から解決したいですよね。

そこで今回は、しつこクマとさよならするための方法を4つご紹介します。

スポンサーリンク

乾燥対策

目の周りの皮膚は、他の場所と比べて、非常に薄くできています。

分かりやすく例えるなら、ハンカチとバスタオルほどの差あるのです。

皮膚が乾燥すると、新陳代謝の落ちて色素も沈着しやすくなったり、老廃物がうまく流れず、たるんだりします。

これが目の周りで起きれば、当然、目の下のクマとなってしまいます。

ですから、洗顔後やお風呂上りには、化粧水をつけて保湿するようにしましょう。

その際、一度にたくさんの量をつけても、肌になじまないので要注意。

乾燥が気になる場所は、面倒ならず、数回に分けて重ねづけしていくのがベストです。

また洗顔方法も見直すべきです。

目元は、ぬるま湯でやさしくすすぐくらいにしておきましょう。

スポンサーリンク

ホットタオルを使う

乾燥以外にも、目元の血行を悪くする要因があります。

それは目を酷使することです。

長時間のパソコン仕事や、ゲーム・読書などで目が疲れてしまうと、血流が悪くなり、むくみやたるみを引き起こしてしまいます。

また、疲れをとろうとして、力任せにマッサージするのもよくありません。

摩擦で余計に黒ずんだり、毛細血管が切れて目が充血してしまうからです。

では、どうしたらいいのか?

その答えの1つがバスタイムでのホットタオルです。

お風呂につかって、体が温まってきた頃に、少し熱めのお湯で絞ったタオルを目元に乗せてみましょう。

3分ほど乗せていると、目元の血管が開いて、血流も良くなり、老廃物が流れていきます。

一度で目の下のクマが消えるわけではありませんが、何も繰り返せば、血管が太くなって日頃から血が巡るようになり、目の下のクマもうすくなるでしょう。

ツボを押す

目の疲労がクマの原因になると分かっていても、現代社会で目の疲労を避けるのは難しいことですよね。

せめて、疲労を溜め込まないよう、こまめに解消していきたいですね。

そのためにオススメなのが、ツボ押しです。

目の周りには、眼精疲労や血行不良に効くツボがいくつか存在します。

まず目の疲れに効果的な「四白(しはく)」というツボ。

頬骨の上の方涙袋から1センチほど下にあるツボでして、ここを綿棒などで10秒間、斜め上に押し上げるようにすると、重たい感覚が薄れてスッキリします。

「瞳子りょう(どうしりょう)」ツボは、目元の血行を良くしてくれます。

目尻から1センチほど外側にある骨のくぼみをグッと押して、スッと離す、というのを何度か繰り返しましょう。

尚、ツボ押しはむやみに力を入れても効果が出ません。

イタ気持ちいい、くらいの力で押すのがベストです。

目元が暑くなってきたら、うまくツボを刺激できているサインです。

目の周りの筋肉を鍛える

目の周りには「眼輪筋(がんりんきん)」と呼ばれる筋肉があります。

ここが弱っていると、皮膚がたるんだり、血行が悪くなったりして、目の下のクマが出来てしまうのです。

目の筋肉って、日常生活で案外使わないんですよね。

特に日本人は、表情を大きく動かす事が少ないため、余計に筋肉が衰えています。

ですから、眼輪筋を鍛えるため、毎日ストレッチをするといいでしょう。

やり方はとっても簡単です。

まずは目をぎゅっと閉じ、そのまま5秒間キープします。

それから目を大きく開いてまた5分をキープするだけです。

この動きを1セットとして、まとめ3~5セットを1日に2・3回ほど行うようしましょう。

目の周りが熱くなったら、ストレッチが効いている証拠です。

また、日常的に意識して、まばたきをするようにしましょう。

ドライアイの解消にもなって、いいことづくめです。

最後に

いかがでしたか?

ここまでご紹介しましたが、ケアしていても根本的な原因を解決できなければ、堂々巡りになってしまいます。

  • ゲームで遊ぶ時間を減らす
  • モニターとの距離を適度にあける
  • きちんと睡眠を取る

少しでも目の下のクマができにくくなるよう、気をつけたいですね。

私も睡眠時間削ってゲームに熱中しないよう気をつけます。

最後まで読んでいただき誠に有難うございました。