スポンサーリンク

勝負デート前必見!オナラを防ぐ簡単な7つの方法

彼氏とのはじめてのデートの真っ最中に、あるいは、好きな人の目の前でなど最悪のタイミングで出てしまいがちな「オナラ」。

本当に困りますよね。

デート前にオナラを抑える方法をご紹介したいと思います。

オナラで困っている方、大事な勝負デート控えている方は、是非読んでい頂けたらと思います。

スポンサーリンク

シナモンを摂る

シナモンには胃もたれを防ぐ効果があり、結果的におなかの中でのガスの形成を予防することができます。

どんな食事にも合う食材なので、例えば牛乳に混ぜて飲んだりすることもできます。

沸騰しない程度に温めた、200グラムほどの牛乳に、小さじ1杯ほどのシナモンを加えたシナモンミルクを 晩寝る前に飲んでみてください。

もう少し甘くしたい時は、少量のハチミツを加えてもいいかもしれません。

ショウガを摂る

体によい食材といえば、生姜はまさに王道ですよね。

生姜には、風邪を予防したり、痛みやストレスを軽減するという効果に加え、実は、胃腸の調子を整えてくれるという効果も期待できるのです。

胃腸の状態が改善されれば、当然おならの予防にも繋がります。

200グラムほどの水と、生姜パウダーを小さじ2杯ほど鍋に入れ、弱火で沸騰するまで温めます。

そのまま10分ほど煮立たせてから火を止め、5分ほどおいて粗熱を取ったものをこします。

このショウガ水を1日3回ほど飲めば、もうおならの不安とはおさらばです!
 

アロエベラを摂る

アロエベラが、火傷どなどの症状に有効だということは、よく知られていますが、実はアロエベラのジェル状の部分には、腹痛を鎮める効果もあり、体内のガスの量を減らしてくれます。

そのままジェルを摂取するか、お湯やお茶に溶かして飲んでみましょう。

スポンサーリンク

マスタードの種を摂る

マスタードと言えば、ポッドトップやハンバーガーのトッピングくらいにしかイメージが無いですが、実は、マスタードのタネには、腸内のガスを減らしてくれる効果があることが確認されています。

そのまま料理に混ぜて食べるのが一番簡単ですが、毎朝マスタードの種をそのまま水で流し込むだけでも効果があります。

初めは、一回に2粒程度から徐々に増やしていき、最終的には1日に12粒を飲むようにしましょう。

飲み方も一度に全部飲むのではなく、たとえば朝に4粒、昼に2粒、寝る前に6粒、というような割合で分けて飲むのが効果的です。

キャラウェイの種を摂る

キャラウェイの種は、消化不良や腹痛によく効く食材です。

沸騰させて、火を止めた200グラムほどのお湯に、大さじ1杯ほどのキャラウェイの種を加えて蓋をし、そのまま5分ほど種の成分を抽出させましょう。

これを寝る前に飲むようにしてください。

できれば1日に3杯ほどを目安に飲むのが理想ですが、あまり無理しないようにしてください。

スポンサーリンク

ニンニクを摂る

ニンニクには血流を改善したり、コレステロール値を抑える効果に加え、その殺菌効果で、天然の抗生物質として使用されていました。

さらにニンニクは、胃酸の分泌を刺激して消化を助け、結果的にオナラができにくい環境を整えてくれるのです。

どのような形で摂取しても効果はありますが、特にクミンと組み合わせて食べると、さらにオナラを抑えてくれます。

アップルサイダービネガーを摂る

アップルサイダービネガーは、サラダのドレッシングにとてもいますが、実はオナラの予防にも効果があります。

200グラムほどの水に小さじ4杯のアップルサイダービネガーを加え、沸騰しない程度に温めます。

温まったら鍋を火から外し、粗熱を取りましょう。

あとはそのまま飲むだけです。

最後に

いかがでしたか?

これでオナラへの不安とさよならしたいですね。

私が試してみて、一番効果があったのは、「マスタードの種」でした。

朝昼晩と定期的に飲むようにすると、かなり「オナラ」が抑えられるようになりました。

皆さんも是非試してみてください。

最後まで読んでいただき誠に有難うございました。