スポンサーリンク

正しい洗顔料を選ぶ3つのポイント:オススメできない洗顔料のポイント

正しい洗顔料・洗顔フォームの選び方について、紹介したいと思います。

みなさん洗顔する時に、洗顔料・洗顔フォームを使われていると思います。

そんな洗顔料の中でも避けたほうが良い洗顔料・洗顔フォームもあるので、記事にしたいと思います。

オススメしない洗顔料・洗顔フォームのポイント3つを紹介しますので、その3つを除いた洗顔料・洗顔フォームを使うことをオススメします。

現在使われている洗顔料・洗顔フォームについて確認して、当てはまる場合は、洗顔料・洗顔フォームを見直しするタイミングかもしれません。

スポンサーリンク

オススメしない洗顔①「スクラブ洗顔」

まず最初のオススメしない洗顔は、「スクラブ洗顔」です。

スクラブ洗顔とは

スクラブ洗顔とは、洗顔料・洗顔フォームの中に細かい粒子が含まれた洗顔料で顔を洗うことです。

細かい粒子が、肌の表面の古くなった角質や、余分な皮脂などを取り除いてくれる効果があります。

オススメしないポイント

洗顔の目的は、汚れを落とすことです。

汚れは、皮膚に付着するのではなく毛に付着しています。

スクラブ洗顔をすると、毛の汚れを落とすのではなく、皮膚を削ることを行います。

スクラブ洗顔後は、凄くさっぱりして非常に爽快な状態になります。

しかしそれは、皮膚が削れて皮膚が敏感な状態になっているからです。

皮膚を傷つける行為は、オススメできません。

[ad]

オススメしない洗顔②「合成界面活性剤入り」

続いてオススメできない洗顔は、「合成界面活性剤入り」の洗顔料・洗顔フォームです。

合成界面活性剤とは

簡単に言えば、凄く強い油等の成分を落とす化学物質です。

食器用洗剤などに含まれていて、油汚れを簡単に落とすなどのコマーシャルを見たことがあると思います。

オススメしないポイント

油を取り除いてしまう薬品を肌に使うべきではありません。

合成界面活性剤入りの洗顔料・洗顔フォームで洗うと、肌を保湿する油分も失われて皮膚がカサカサ・ヒリヒリの状態になってしまいます。

特に敏感肌の人が使うと、肌が荒れてボロボロになる恐れがあります。

オススメしない洗顔②「高額な洗顔料」

最後のオススメできない洗顔は、「高額な洗顔料」です。

高額な洗顔料とは

高額な洗顔料は、肌を保湿する成分や、美容成分、美白成分などお肌に良いとされる成分が含まれています。

顔を洗いながら、肌の状態をプラスアルファの効果を与えてくれます。

オススメしないポイント

洗顔料・洗顔フォームは、毛についた汚れを落とすのが目的です。

また、洗顔後には、化粧水や美容液を使うと思います。

そのため、洗顔しながらの保湿は特に必要がないと思います。

洗顔しながら保湿や美容を行うよりも、洗顔は洗顔、保湿は保湿、美容は美容で分けて行うべきです。

オススメの洗顔料・洗顔フォーム

私がオススメする洗顔料・洗顔フォームは、ファンケルから出ている洗顔料・洗顔フォームです。

ファンケルの洗顔料・洗顔フォームは、無添加となっています。

私は、洗顔するアイテムは無添加を使うべきだと考えています。

また、ドラックストアなどに行くと、何々用の洗顔、何々に効果がある洗顔、などなどたくさんの種類の洗顔料・洗顔フォームが並んでいると思います。

しかし、洗顔の目的は、汚れを毛についた落とすことです。

しっかりと、洗顔だけを行う無添加の洗顔料・洗顔フォームを選ぶ事をオススメします。

ファンケルの洗顔料・洗顔フォームが気になった方は、公式サイトを確認してみてください。

トライアルキットが準備されておりますので、手軽に試せると思います。