妊娠・出産経験者の2人に1人はイボ痔:恥ずかしいと放置してませんか?

あなたは出産を経験していませんか?

排便時にイボ痔が飛び出すことはありませんか?

なによりも恥ずかしさからイボ痔を放置していませんか?

そのまま頬っておくと大変な事になりますよ。

今回は、妊娠・出産経験者の2人に1人はイボ痔といわれる程、女性にとって大変多い悩みの「イボ痔」について、ある女性の事例を紹介したいと思います。

「イボ痔」の方は恥ずかしいからと「イボ痔」を放置してしまうと大変な事になりますので、早期の治療を行うようにしてください。

40歳で出産した女性の「イボ痔」事例

A子さんは40歳とちょっと遅めの出産でしたが、それだけに子供への愛情は人一倍そそいでいました。

しかし、彼女にはある悩みがありました。

若い頃から便秘に悩まされ、かれこれ20年来の悩みとなっていました。

最近は特に酷くなったように感じ、トイレに長居することもしばしばありました。

でも新米ママとして自分のことにかまけているわけにはいきません。

しかしある日のことです。

トイレットペーパーに血がついていたのです。

でも血の量はほんの少しで、痛みがあるわけでもありませんでした。

「ちょっと切れちゃったのかしら?」っと思い特に気にすることはありませんでした。

ところが数日後、トイレでいきみ続けていた彼女に衝撃の事態が起こりました。

何故かお尻にムズムズする違和感を感じたのです。

恐る恐る指で触ってみると、なんとお尻からイボのようなものが飛び出しているのを感じたのです。

でもしばらく触っていると、指で押すとスッと引っ込みました。

なんとA子さんは「イボ痔」になってしまったのです。

「イボ痔」になった彼女のその後

「イボ痔」になった彼女は、友達に相談しようと思ったのですが、「イボ痔」持ちの女と笑いものにされると思い口が裂けても相談することが出来ませんでした。

こうして相談出来ずに「イボ痔」を放置してしまいました。

そして、この恥ずかしさからの躊躇が「イボ痔」をさらに悪化させることになります。

「イボ痔」は女性として恥ずかしくて相談がしにくい病

悩んでいても始まらないと、数日後、彼女はドラックストアに向かいました。

そこで、痔の薬を探そうとしましたが、ここでも恥ずかしさから店員へ相談できず、そして人の目が気になり薬を購入することが出来ませんでした。

そんな彼女をあざ笑うかのように最近はちょっとしたきっかけでも「ジボ痔」がお尻から飛び出すようになってきてしまいました。

「イボ痔」が飛び出すたびに押し戻しに、トイレにこもる時間が増えていきました。

「やっぱり病院に行かないとダメなのかしら?」とようやく彼女は、病院での治療を考え始めました。

  • でも病院にいったら、そこは肛門科で男性ばかりだとどうしよう?
  • いくら先生とはいえ他人にお尻を見せるなんて耐えられない
  • それにもし手術で入院なんて言われたら、子供がいるので無理

といろいろと考えてしまい、結局彼女は病院へ行くことを止めてしまいました。

この選択が「イボ痔」をさらに酷い状態にしてしまいます。

「イボ痔」は女性として恥ずかしくて病院の受信を受けにくい病

そして彼女の「イボ痔」はついに

彼女は相変わらず便秘のため、トイレで粘る毎日が続いていました。

頻繁に飛び出してくる「イボ痔」にもすっかり慣れっこになっていました。

しかしとうとう運命の時がやってきてしまいます。

いつも以上に長いトイレを済ませ、子供と一緒に散歩に出たとき、突然お尻にこれまでにないヒリヒリとした痛みが走ったのです。

痛みに耐えながら何とか家に帰って確かめてみると、なんと今までの数倍にも「イボ痔」が膨れ上がっていたのです。

そして、「イボ痔」をいくら押してもこれまでのように元に戻らないのです。

痛みも徐々にひどくなっていきました。

事ここに至ってようやく病院を訪れる彼女でしたが、既に「イボ痔」は最悪の状態にまで達していたのです。

「イボ痔」の悪化により手術へ

治療を放置し続けた彼女の「イボ痔」は最悪の状態にまで行き着いていました。

彼女の「イボ痔」を診た医師により「嵌頓痔核(かんとんじかく)」となっている事をつげられます。

そして、もはや手術を受けなければ治ることがない状態であるため、手術による治療を受けることになりました。

嵌頓痔核(かんとんじかく)とは

痔核(イボ痔)が肛門の外に飛び出したまま腫れ上がり、肛門の中に戻らなくなってしまい激しい傷みを伴う病です。

「イボ痔」発症の大きなきっかけ

人間の肛門の周りには細かい静脈が集まってできたファッションのようなものが、肛門を閉じる手助けをしています。

このクッション部分が何らかの原因で膨張し腫れ上がってしまうぞ「イボ痔。となってしまうのです。

その原因は便秘などでの習慣的ないきみなどがあります。

いきむ事により、肛門の細い血管に圧力が掛かり、血流が悪化して腫れ上がるって「イボ痔」になってしまうのです。

女性ならではの「イボ痔」原因

しかし彼女の場合大きなきっかけは、別の女性ならではの出来事にありました。

「妊娠」と「出産」です。

妊娠すると大きくなった子宮が下半身の血管を圧迫し、血流を悪くさせ肛門の血管もうっ血させてしまいます。

そして出産時の長時間のいきみが、さらなる大きな圧力をかけ続け、クッション部分のうっ血を増長させます。

大学研究施設での調査によると、妊娠出産を経験した女性の約2人に1人が痔を経験している結果が出ているほど関係が深いのです。

彼女の場合はもともと便秘で、日常的にいきみ続ける生活から、彼女の肛門内には軽い「イボ痔」が発生していた可能性が高く考えられます。

それが妊娠と出産をきっかけに悪化し、「イボ痔」が大きく膨らんで出血し、外に飛び出してしまったのです。

「イボ痔」は早期受信・早期治療すれば薬の治療だけで治すことが出来る病です

恥ずかしさから放置しつづけてしまい、結局手術するしか治療する方法がないケースが多くなっています。

「イボ痔」には漢方薬の「ピーチラック乙字湯」がオススメ

「ピーチラック乙字湯」は、漢方の力で「痔」を改善するオススメのアイテムです。

市販薬の塗り薬とは違い、「ピーチラック乙字湯」は飲んで「痔」を漢方の力によって根幹から改善します。

また、「ピーチラック乙字湯」は医薬品ですので本気で「痔」を治します。

特にこんな「痔」の悩みには「ピーチラック乙字湯」は最適です。

「イボ痔」に漢方パワーがスーッと効きいて「痔」を改善します。

  • 長時間のデスクワークがつらい
  • トイレにこもりたくない
  • 歩き方が不自然ないなっている
  • 座りたくないから遠出やドライブデートに行けない

「ピーチラック乙字湯」と市販薬の違い

「痔」の市販薬の殆どが、患部に注入したり塗ったりするタイプがほとんどだと思います。

「ピーチラック乙字湯」は、漢方薬(医薬品)となっており飲むことで「痔」を根本から改善します。

注入タイプや塗り薬の場合は、その時の「痔」に対し効果があるかもしれまん。

しかし、また次の「痔」が発生し何度でも再発してしまいます。

市販薬は言わば、一時的な応急処置でしかないのです。

「ピーチラック乙字湯」は、「痔」になる根本的な原因となる身体の症状を改善し「痔」の再発をなくします。

是非、「イボ痔」でお悩みの方は「ピーチラック乙字湯」を試してみてください。

「イボ痔」は早期受信・早期治療すれば薬の治療だけで治すことが出来る病です

恥ずかしさから放置しつづけてしまい、結局手術するしか治療する方法がないケースが多くなっています。

下の写真をクリックすると「ピーチラック乙字湯」の公式サイトへ移動できます