スポンサーリンク

口コミ評価の高いナイトアイボーテ使ってみた

寝ている間に二重の癖付けをしてくれるアイテム「ナイトアイボーテ」を使ってみたのでレビューします。

目元の悩みって多いと思います。

特に二重への悩みって多いですよね。

一重の人が二重になりたかったり、二重の人が二重幅を調整したいとか、そんな二重の悩みにたいするアイテムも多く発売されています。

そんな二重の悩みに対し、人気の商品「ナイトアイボーテ」を使ってみたので、これから試そうと思う方や、二重の悩みがあるかたは是非参考にしてみてください。

 
スポンサーリンク

「ナイトアイボーテ」

「ナイトアイボーテ」は、有名なのでご存知のかたも多いと思います。

雑誌でも多く特集されていたりする注目のアイテムとなっています。

特徴は、寝る前に「ナイトアイボーテ」を使って、寝ている間に二重の癖付けをすることです。

まぶたに塗るアイテムなので、当然お肌に優しい成分で作られていて、美容成分も高配合されています。

「ナイトアイボーテ」を開封

早速届いた「ナイトアイボーテ」を開封していきたいと思います。

中身はこんな感じになっています。

プッシャーと「ナイトアイボーテ」本体が入っていました。

これから「ナイトアイボーテ」を使っていく記録をとっていきますね。

「ナイトアイボーテ」の冊子と説明書

「ナイトアイボーテ」には、「ナイトアイボーテ」の使い方の冊子が付いてきます。

冊子には、使い方が丁寧に説明されているので、安心です。

その他、「ナイトアイボーテ」の説明以外に、二重に対する情報がまとまっております。

どうすると二重になりやすくなるのかや、二重になりやすくする為の運動やなども紹介されています。

細かい情報までまとまっているので、二重についての理解が深まると思います。

「ナイトアイボーテ」本体にも二重の作り方に対するテクニックが書かれた説明書が同封されています。

自分の目指す二重に対し「ナイトアイボーテ」の塗る場所が書かれています。

「ナイトアイボーテ」1日目

プッシャーを使って二重のラインを作っていきます。

二重を初めて作る人は、二重になりやすポイントをプッシャーで探してください。

二重になりやすいポイントが見つかったら、「ナイトアイボーテ」を塗っていきます。

先ほどプッシャーで確認したラインに対し、「ナイトアイボーテ」を塗っていきます。

ラインが出ない方は、全体に塗っても良いと問題ありません。

塗り終わったら、手であおいだりして、少し乾かします。

でも、完全に乾かさないでください。

「ナイトアイボーテ」が乾ききらない前に、プッシャーを使って、まぶたを貼り付けて、二重を作ります。

アイプチと同じ要領です。

二重ができました。

このまま一晩寝たいと思います。

明日二重のままになっているか凄く楽しみです。

スポンサーリンク

「ナイトアイボーテ」2日目朝

「ナイトアイボーテ」を塗って2日目の朝の状態です。

寝てる間に目をこすっちゃったみたいで、「ナイトアイボーテ」が剥がれてしまってました。

「ナイトアイボーテ」は、通常の洗顔で落とせるので、洗顔シートで落としてみます。

洗顔シートで簡単に「ナイトアイボーテ」を落とせました。

寝ている間に目をこすって「ナイトアイボーテ」を剥がしてしまったんですが、二重の跡が付いていました。

二重の癖が付いています。

今日も同じ様に「ナイトアイボーテ」を塗って確認したいと思います。

「ナイトアイボーテ」3日目朝

また少し「ナイトアイボーテ」が剥がれかかっていますが、どうでしょうか。

二重になったまま朝を迎えられました。

二重の癖付けされたか、「ナイトアイボーテ」を取ってみたいと思います。

昨日と同じ様に洗顔シートで「ナイトアイボーテ」を落としていきます。

「ナイトアイボーテ」を落としました。

どうでしょうか?

二重になっていますよね?

「ナイトアイボーテ」を落としても、二重の癖付けが残っています。

「ナイトアイボーテ」のまとめ

私の「ナイトアイボーテ」レビューはこんな感じでした。

「ナイトアイボーテ」を使ってみた実感ですが。

「ナイトアイボーテ」で二重の癖付けが出来ました。

でも、完全な二重の癖付けが出来たわけではないので、今後も継続して「ナイトアイボーテ」を使っていきます。

「ナイトアイボーテ」で癖付けしなくても二重になるまでは、「ナイトアイボーテ」のお世話になるかと思います。

継続して使用する事で効果も継続します。

「ナイトアイボーテ」が気になった方は、公式サイトを覗いてみてください。