回数が多い・臭くない「おなら」で悩んでいませんか?実は病気の可能性あり

おならの回数が多くて悩んでいませんか?

あなたは最近臭いのないおならをしていませんか?

それは緊張した時や夕方におならが出ていませんか?

そして何よりストレスで葉を食いしばっていませんか?

もし当てはまる場合は、危険な病気に掛かっているサインかもしれません。

そのまま放っておくと大変な事になりますよ。

今回は、おならの回数が多く、臭くないおならをするようになった、ある女性の事例をもとに紹介していきます。

原因不明の「おなら」の悩み

半年前に夫の浮気が発覚し、別居をすることとなった彼女。

離婚調停中で一人暮らしとなった彼女には、離婚調停の他に悩みがありました。

それは「おなら」、なぜか1日に何回も「おなら」が出るようになってしまうのです。

でもその「おなら」何故かまったく臭くありません

しかし、この臭くない「おなら」こそが彼女をむしばむ病魔からの警告だったのです。

そんなある日のこと、離婚調停へ向かった彼女にさらなる異変が待ち受けていました。

離婚調停で緊張すればするほど、なぜか腹部に違和感を感じます。

そして猛烈に「おなら」がしたくなってしまいます。

「どうしよう」「ここでおならできない」と思えば思うほど、「おなら」をしなくなってしまいます。

そしてついに我慢できずに離婚調停の場で「おなら」が出てしまったのです。

彼女はさらなる「おなら」にまつわる異変を感じる事になります。

何故か緊張していなくても、きまって夕方になると「おなら」をしたくなるのです。

これは絶対悪い病気に違いないと心配になり、「おなら」にまつわる症状をインターネット等で調べてみました。

病院で検査をしても異常が見つからない

「大腸がん」などで「おなら」が異常にでる情報を見つけました。

その他にも「腹部膨満感(ふくぶぼうまんかん)」などの他の症状も当てはまりました。

翌日、彼女は早速近くの病院で検査を受けることにしました。

絶対に癌に違いないと思っていましたが、検査結果に異常をしめすものは何もありませんでした。

検査によって異常がない事が、さらに彼女を不安にさせてしまいます。

度重なる「おなら」にまつわる身体の異変。

しかも病院での検査でも原因が分からずじまい。

彼女のストレスは頂点に達していました。

そんな彼女をさらなる異変が襲います。

今度は心臓がバクバクと激しい動悸(どうき)に襲われたのです。

彼女は心臓に原因があるのではと心臓の検査を受けることにしました。

しかし、心臓の検査もまったく問題がありませんでした。

その後も婦人科や内科など、さまざまな病院をわたり歩いた彼女ですが、どこで検査しても結果は同じで異常が見つかりません。

原因不明の「おなら」の病名が判明

ついに彼女は外に出られなくなり、家に引きこもるようになってしまいました。

そんな矢先のことです、何気なく開いた雑誌の記事に目が止まりました。

「臭くないおならが病気のサイン!」まさに自分の症状ではないか。

彼女は一縷の望み胸に、記事に書かれていた病院へ向かいました。

問診の結果、彼女をむしばむ病があきらかになりました。

病名:噛みしめ呑気症候群(かみしめどんきしょうこうぐん)

噛みしめ呑気症候群とは、緊張やストレスが原因でゲップやおなら、膨満感などの身体に異変を引き起こす心身症です。

原因が分かりづらいため、不登校や出社拒否とうの社会不適応やうつ病になることさえある恐ろしい病です。

あまり聞き慣れない病ですが、日本人の8人に1人がこの病気を患っているといわれています。

なかでもストレスを受けやすい、20代~50代の女性に多いのが特徴です。

噛みしめ呑気症候群(かみしめどんきしょうこうぐん)の主な原因

噛みしめ呑気症候群の主な原因は、ストレスです。

今回事例の彼女は、夫の浮気や離婚調停などが精神的なストレスとなって襲いかかっていました。

 

何故ストレスで噛みしめ呑気症候群になるのか

人間はストレスが掛かると無意識に上下の歯を噛みしめるため、下が上顎に押し上げられる状態となります。

すると喉の奥に溜まった唾液とともに、空気も一緒に消化器へ入ってしまいます。

そして、この動作を何度も繰り返してしまいます。

この病を患ってしまうと、胃が空気でパンパンに膨れ上がってしまいます。

この飲み込んでしまった空気こそが、大量の「おなら」の原因だったのです。

何故夕方に「おなら」が出やすいのか

朝活動してから、飲み込んだ空気が大腸に届くまでにおよそ5~6時間からります。

大腸に溜まりに溜まった空気が、大腸の内圧を高めるのが夕方以降なのです。

さらに緊張すると胃の動きが活発となり、飲み込んだ空気が大量に大腸に送り込まれるため「おなら」をしたくなるのです。

何故激しい動悸を感じたのか

激しい動悸を感じたのは、まるで太鼓のように空気で膨らんだ胃に、反響したためです。

噛みしめ呑気症候群の改善方法

大切なことは、リラックスした状態になることです。

緊張やストレスを身体に与えないことが重要です。

  • 深呼吸をしてください
  • 口を軽く結びます
  • 舌が自然に下に降りてきます

この状態が、もっともリラックスした舌の状態になります。

口をリラックスさせて、飲み込みを減らしていくように心がけましょう。

深刻な場合は、カウンセリングや投薬治療を受ける必要がありますので、神経科・心療内科で診てもらってください。

専門医での適切な治療で、確実に回復できる病です。

ストレスや心のバランスにオススメのアイテム

ストレスや心のバランスに不安を感じている方にオススメの【ジルジレットセロトニン】をオススメします。

【ジルジレットセロトニン】は、ココロの元気を取り戻すサプリメントです。

特にこんな症状の方にオススメです。

  • ストレスを感じている
  • ちょっとした事でイライラしてしまう
  • 頑張ろうと思うと負のサイクルにハマってしまう
  • 通勤・通学が苦痛になっている
  • やる気がおこらない
  • 集中力が続かずミスをしてしまう
 
 
 
下記の写真をクリックすると公式サイトへ移動します。

健康
美容と健康の悩みを解決する100万人レビュー部