体が発しているSOSサイン:見逃しがちな7つのサイン

皆さんは今体の不調を感じていますか?

風邪を何度も引いたり鼻水が止まらなかったりしていませんか?

いつも頭痛がするなど、それらの軽い症状が実は恐ろしい病によって引き起こされている場合もありますよ。

今回は、つい見逃してしまいがちな体が悲鳴をあげているときのSOSサインを7つ紹介したいと思います。

体が訴えているSOSサインを見逃さないよう注意してください。

唇の皮がむける

唇の皮がむけるのは、ストレスや、胃の不調、空気の乾燥などが原因です。

ちなみに唇の皮がむけると、つい触ったり舐めたりして、刺激を与えてしまいますが、だ液が唇の水分と一緒に蒸発することで、唇の乾燥はさらに悪化してしまいます。

唇が荒れた時は、極力触らないようにして、リップクリームを塗るようにして自分に多くのストレスがかかっていることを自覚する必要があります。

足がつる

就寝中につい足がつってしまうことがありますよね。

ほとんどの場合は、冷えや、ミネラル、カルシウム不足による筋肉疲労で起こります。

その場合は、就寝前に一杯の水をとったり、靴下を履いて寝るなどを行えば改善しまが、それでも症状が治まらない場合は危険です。

足がつるのは、糖尿病、脳梗塞、甲状腺疾患、腎臓疾患などの初期症状でもあるからです。

長く続く場合は、一度医師に相談してみてください。

爪が割れやすい

何気なく見ている爪もあなたの健康状態を表しています。

爪が割れたり、二枚爪になっている時は、食器用洗剤で爪が乾燥したり、体が栄養不足にあることが考えられます。

また、爪に縦線や横線などが入る場合は、大きなストレスを感じているサインです。

爪がボロボロになっているときは、自分の栄養不足を認識して、鉄分やミネラルを多く摂るようにしてみてください。

何かが無性に食べたくなる

さっき晩ご飯を食べたばかりなのに、無性に何かが食べたい!という時がありますよね。

その多くは、ストレスや栄養不足が原因です。

また、食べたくなるものにも体のSOSサインが隠されています。

甘いものが無性に食べたくなる場合は、タンパク質不足の兆候などで、豆乳や大豆製品、赤身のお肉やササミなどを食べれば落ち着くでしょう。

塩気があるものの場合はミネラル不足で、揚げ物の場合はカリウム不足が原因です。

ブロッコリーアボカド、納豆などのカリウムを多く含む食品を積極的に摂るようにしてください。

枝毛

枝毛は、シャンプーの刺激や、ドライヤーのかけすぎでなることがありますが、実は栄養不足や、睡眠不足も枝毛の原因です。

ストレスは、頭皮の血流を悪化させて、髪に栄養が届かなくなることで髪がパサつき、最後には枝毛になってしまうのです。

枝毛を見つけたら、ドライヤーなどで髪を傷めすぎないようにしつつ、しっかりとリラックスできる時間を作る必要があります。

慢性的な頭痛

日頃から頭痛が頻繁に起こるという方もいますよね。

頭痛は二日酔いや、風邪によるものから、ズキンズキンと脈に合わせて痛む「偏頭痛」、ギュッと締め付けるような「緊張性頭痛」、いつも同じ時間に痛む「群発性頭痛」があります。

これらの頭痛は、ストレスや女性ホルモンの分泌量の関係で起こるもので、ストレッチをしたり、鎮痛剤を飲むことで治まりますが、稀に、急激に激しい痛みが出る場合は、くも膜下出血や脳出血などの命にかかわる病気の場合もあります。

いつもと違う頭痛を感じた場合は、一度医師に相談してみてください。

腹部膨満感

お腹が張ると、何とも言えない不快感を味わうことになりますよね。

この原因は早食いや炭酸飲料、玉ねぎやにんにくなど、ガスを発生させる食べ物の食べ過ぎや、水分不足などを表しています。

こんな時は、何も食べたくなくなりますが、緑茶やスイカ、パイナップルなどのお腹の張りを緩和してくれるものを食べると、ガスが出て膨張感を軽減させてくれます。

特に思い当たる節がないのに、このような症状が出る場合は、大腸がんや腸閉塞のようなケースもあるので、症状が長引く場合は医療機関を受診してください。

健康
美容と健康の悩みを解決する100万人レビュー部