間違いだらけのヨーグルトダイエット:続けても効果が出ない理由

ヨーグルトダイエットで期待していた効果がでていますか?

もしかして、ヨーグルトを毎日食べれば良いだけだと思っていませんか?

手軽で、そして気軽に始められるので、多くの方が行っているヨーグルトダイエットですが、実は続けても効果がでないことがあるんです。

そして、効果がない事に気が付かず、長期間続けられているって方も多いんです。

今回はそんなヨーグルトダイエットについて、正しい知識で、正しい方法で行えるよう、解き明かしていきたいと思います。

太りる理由は「腸」が関係している

腸は大変デリケートな臓器です。

環境の変化に大変敏感で、少し冷えただけでも腸の働きが鈍り、大腸に便が溜まりやすい状態になってしまう事もあります。

そして、大腸に便が溜まりやすくなると、多くの女性が悩んでいる便秘へと繋がってしまいます。

また、便秘になってしまうだけではなく、腸にたまった老廃物は血液中に再び取り込まれ、全身に回ってしまいます。

  • 細胞の活動が低下!
  • 脂肪燃焼の効率が大幅ダウン!
  • 運動してもなかなか痩せない!
  • 脂肪をどんどん溜め込む体へ!

このように、便秘が引き金となって、どんどん悪循環にハマっていきます。

太りやすい体には、腸に大きな理由があったのです。

便秘で太るメカニズム

34万部のベストセラー「なぜ、これは健康にいいのか?」の著書で、初診4年待ちとなっている腸の名医である順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生による「腸を劇的にキレイにする方法」を説明致します。

まず、便秘になってしまうと腸がスムーズに働かなくなります。

本来であれば、あなたが食べた物は細胞に栄養として入っていくいきます。

しかし、便秘となり環境の悪くなった血液の場合、細胞に栄養を運んでくれなくなってしまいます。

その結果、その栄養が前部皮下脂肪や内臓脂肪にまわってしまうんです。

そんなに食べていないのに太ってしまう人、いっぱい食べても全然ふとらない人の「差」はそこにあるんです。

その為、何を食べるかが大変重要になってきます。

間違だらけのヨーグルトダイエット

腸をキレイにする効果がある食べ物の代表は、ヨーグルトです。

みなさんがヨーグルトを食べる理由って「なんとなく腸にいい」とか「体に良さそう」という認識で食べていませんか?

しかし、ただヨーグルトを食べるたけでは効果がないんです。

毎日ヨーグルトを食べているのに、間違ったヨーグルトを摂っているかもしれません。

ヨーグルトとの正しい付き合い方について説明したいと思います。

ヨーグルトの驚くべき事実

ご覧の通り、ヨーグルトにたくさんの種類があります。

そして、菌の種類・効果も様々です。

しかし、全ての人がそのヨーグルトの菌を食べて、そこに書かれている効果を得られる分けではないんです。

そして、どのヨーグルトがあなたに合っているかは、わからないんです。

ちなみに小林弘幸先生は、「LG21」が良いようで毎日食べているそうです。

しかし、小林弘幸先生が「LG21」を食べているからといって、あなたに良いわけではありません。

生活環境も違い、食べるものも違い、生まれてからこれまで育った「環境」「食生活」みなさん違います。

そのため、人それぞれお腹の中は個人差があり、腸の中の菌は一人ひとり違っています。

たくさんあるヨーグルトの菌の中で、自分にあった菌を摂り入れなければ、意味が無いんです。

間違いだらけのヨーグルトダイエット「自分にあったヨーグルトの見つけ方」

自分にあったヨーグルトの見つけ方

人が食事をすると、だいたい48時間掛けて排便されます。

その為、ヨーグルトは継続して食べなければいけません。

自分にあったヨーグルトを探すには、1日100gのヨーグルトを2週間~1ヶ月同じ種類を食べ続ける必要があります。

その結果、以下のポイントを判断します。

  • 便がバナナ状になる
  • 疲れにくくなる
  • 睡眠がよくなる
  • 肌が潤ってくる

このような効果を感じた場合は、あなたに合ったヨーグルトだといえます。

2週間以上続けて特に効果を感じない場合は、「他のヨーグルトをたべてみよう」と別のヨーグルトを選び、自分にあったヨーグルトを見つけることが重要です。

注意するポイント

ヨーグルトを食べたときに、お腹が急に張り出したりすることがあります。

それは腸の環境が変わったからお腹が張ったり変わってくるものです。

「これは何かおかしい」と思って止めないでください。

通常の場合は、3~4日でその症状は治まります。

3~4日我慢してみて、それでもまだその症状が続くようであれば「これは合わない」と判断してください。