スポンサーリンク

なぜ!?食べても「太らない人」と「太る人」の違いと秘密を教えます

テレビ番組で人気のギャル曽根さんを筆頭に、大食い番組に出演している大食いファイターの人たちは、男女問わず痩せている人が多いですよね。

あれだけ食べてなぜ太らないのでしょう?

どれだけ食べても体型が変わらないのはうらやましいですよね。

そんなに食べていないのに太ってしまう自分が恨めしい。

同じ様に思っている人は多いのではないでしょうか。

今回は、そんな「食べても太らない人」と「太ってしまう人」の秘密を教えちゃいます。

スポンサーリンク

食べて「太る人」と「太らない人」の秘密

実は人には太ってしまう「 B 型」と食べても太らない「P 型」というのがあるそうです。

あなたはどちらででしょうか?

その秘密は「腸内」に隠されているんです。

「デブ菌」と「やせ菌」「B型」と「P型」

テレビなどでもよく取り上げられているで「デブ菌」「やせ菌」というのをご存知ですか?

「やせの大食い」の人の体内には、「腸内」にある「やせ菌(善玉菌)」の数が圧倒的に多いということがわかったのです。

「やせ菌」が多い人は脂肪燃焼する作用が強い「腸内フローラB型」で、食べた分だけ太ってしまう人は「P型」となります。

「P型」は腸内に「デブ菌(悪玉菌)が多く、コレステロール値が高くなりやすく脂肪がつきやすい体質なのです。

スポンサーリンク

「デブ菌」「やせ菌」の実験

「デブ菌」「やせ菌」を使った興味深い実験結果が報告されているんです。

無菌のマウスを2つのグループに分け、一方のグループには「でぶ菌」、もう一方には「やせ菌」を腸の中に入れ、同じ餌を同じ量同じ時間に与えました。

「デブ菌」を腸に入れたマウスは体脂肪率47%増加しました。

「やせ菌」を腸に入れたマウスは体脂肪率は27%で増加率が低かったのです。


身長156cm 体重42キロの大食いクイーン「もえのあずき」さん。
大食い女王なのにスリムな「もえのあずき」さんの腸内細菌は、間違いなく「B型」ですね。

脂肪が燃焼しやすく、肥満を予防する働きが強いタイプです。
この「やせ菌」が餌を食べて作る「短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)」が食欲抑制、脂肪蓄積の予防、全身の代謝をあげて、エネルギー消費アップをサポートする天然の「やせ薬」であることが分かりました。

太らないカラダを手に入れる

ここまでの説明で勘がいい人は気付いたのではないでしょうか。

そうなんです、この「やせ菌」を増やすことができれば、食べても太らない理想のカラダを手に入れることが出来るんです。

「やせ菌」がおなかににいれば、どんどん「短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)」を作ってくれるので、体は勝手に痩せていき、食べても太らない体を手に入れられるのです。

さらに「短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)」にはダイエット以外に驚くべき効果があるのです。

  • 糖尿病予防
  • がん予防
  • 免疫力の調整
  • アレルギー症状の緩和

腸内細菌を「やせ菌」に変えることはできるのか?


自分の腸内細菌を痩せ金に変えることはできるのか?

答えは「yes」です。

腸内細菌の構成は5歳ごろまでに決まると言われ、そっくり入れ替えることはできませんが、「やせ菌」の数を増やすことで素性が変わり、体質を改善することが可能なのです。

そのためにはエサとなる食物繊維、活きた微生物(味噌やヨーグルトなどの発酵食品)を取り入れると、「やせ菌」は刺激を受けて活性化されます。

健康な人の腸では、「善玉菌」の割合が2割以上、「悪玉菌」が1割以下になっています。

それ以外は日和見菌と呼ばれ、「善玉菌」が優勢であれば、似た働きをしてくれるのですが、「悪玉菌」が優勢だと逆の性格をもってしまいます。

「やせ菌」を増やす食べ物は「コレ」だ!!

「やせ菌」を増やす食べ物

納豆

納豆は食物繊維や納豆菌などの「善玉菌」を豊富に含み、さらに「悪玉菌」の増殖を抑制する効果もあるため、腸内環境を整える最強の食べ物といっても過言ではありません。

納豆には様々な種類がありますが、おすすめは小粒納豆です。

ヨーグルト

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は腸内に住む「やせ菌」のエサとなります。

そのため、「やせ菌」を増やし腸の働きをスムーズにするにはとても効果的なんです。

ただ乳酸菌は生きたまま腸まで届かないと効果がなかなか得られませんので、ヨーグルトを選ぶ際は生きたまま腸まで届くと記載されているものを選びましょう。

水溶性食物繊維の多い食材

水溶性食物繊維は「やせ菌」のエサになるため、たくさん食べれば「やせ菌」が増えて痩せ体質に近づきます。

水溶性食物繊維の多い食材代表例はこちらになります。

  • らっきょう
  • にんにく
  • ごぼう
  • 切り干し大根
  • アボカド
  • オクラ
  • キノコ類
  • 海藻類

オススメの短鎖脂肪酸サプリ

私がオススメする短鎖脂肪酸のサプリは、121種類の酵素と乳酸菌 です。

まさに「でぶ菌」を減らして、「やせ菌」を増やす理想のサプリメントとなっています。

121種類の酵素と乳酸菌 の特徴は、「スマート乳酸菌」と「121種類の酵素」の2つのパワーで「でぶ菌」とさよならして「短鎖脂肪酸」を作り出すのです。

もし興味があれば、公式サイトを覗いてみてください。

最後に

食生活を腸に優しいものに変えれば、ダイエットに効果的なだけではなく、美容や健康面にも良い影響を与えます。

食べ物やサプリなどを活用して腸内環境を整え、好きなものを食べても太らない体質を手に入れましょう。
最後まで読んでいただき誠に有難うございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ダイエット
美容と健康の悩みを解決する100万人レビュー部