スポンサーリンク

ドラックで依存症となる人とならない人:薬物治療かジャンキーか?

タバコやゲーム、お酒に砂糖、かっぱえびせん中毒など、世界には様々な依存症の高いものが溢れています。

特に薬物は、その最たるもので、一度使用すると強い依存症に苛まれると言われています。

しかし、タバコを吸っても依存症にならない人もいますよね?

今回は、そんな依存症について解き明かしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ドラックで依存症となる人とならない人

中毒になるものは、当たり前ですが、その物質自体に強い中毒性があります。

例えば、ヘロインを使ってヘロイン中毒を引き起こすと、体が物理的にその薬物を欲するようになり、ヘロインがないといてもたってもいられなくなってしまいます。

 

簡単にいうと、これが「中毒」になるということなのですが、全員がそうなるわけではありません。

「え?全員じゃないの?」って思いますよね。

例えば、股関節を骨折してしまって病院に運ばれていかれると、数週間または数ヶ月間モルヒネが投与されることがあります。

 

モルヒネは、ヘロインから作られています。

しかも、売人から変える純度の薄められているものよりも、ずっと純度が強いものです。

そんな強いモルヒネが、今も近くの病院で投与されています。

 

もし単純に使うことで依存症になるのであれば、病院でヘロインを投与されている患者全員が、ヘロイン中毒になるに違いありません。

しかし、不思議なことに治療に使ったモルヒネからヘロイン中毒になる人はいません。

 

いったい何故なのでしょうか?

 

ドラックで依存症となる人とならない人「マウス実験」

ドラックで依存症となる人とならない人が何故いるのか、20世紀初めに、この不思議な現象を解き明かす面白い実験が行われました。

まず、空っぽのカゴの中に、ネズミを1匹入れて、水入れを2つ置きます。

 

1つには普通の水を、もう1つにはヘロインを混ぜた水を入れておきます。

すると実験のたびにネズミは、ヘロイン入りの水を飲み中毒となり、やがて飲みすぎて死んでしまいます。

 

ドラックで依存症となる人とならない人「マウス実験のやり直し」

しかし、1970年代にブルース・アレクサンダーという心理学者がこの実験に対し、「これってさぁ・・・水を飲むことしかやることがなかったから、ヘロインの水を飲んだんじゃね?」という疑問をもちました。

そこで彼は、ネズミにとって楽園のような住居を作りました。

 

青々とした芝生が茂ったカゴの中は広々としていて、ボールのおもちゃやトンネルの遊び場などがあり、一緒に遊ぶ友達や、いつでも交尾できる相手がいる環境を与えました。

ネズミにとっては、まるで夢の国、リアルネズミーランドです。

そしてここに、同じように普通の水とヘロイン入りの2つの水を置きました。

 

するとどうでしょう?

このネズミたちは、ヘロイン入りの水をほとんど飲むことはありませんでした。

 

孤立していた時は飲んでしまったのに、幸せで他の仲間とつながり合える環境では、ほんのわずかヘロイン入りの水を口にしただけで、それ以上摂取することを拒否したのです。

 

スポンサーリンク

ドラックで依存症となる人とならない人「幸福度が依存症を分ける」

実は、これは、人間にも言えます。

ベトナム戦争で、当時アメリカ軍の20パーセントがヘロインを使用していました。

 

終戦後、国中に中毒患者が溢れるのではないかと心配されていましたが、驚くことに、帰国した兵士たちは中毒にも病気にもならず、また95パーセントの兵士たちが、ヘロインの使用をやめていたのです。

 

異国の血の恐ろしい状況下で、生きるか死ぬかの緊張している場面に置かれた兵士たちが、気が触れないため麻薬を欲するのは当然です。

しかし、戦争が終わり家族の元に戻ったとき、兵士たちは「戦争」というオリから解き放たれて、「家庭」という楽園へと帰ったことを意味します。

そのため薬物はもう必要なくなったのです。

 

ドラックで依存症となる人とならない人「最後に」

何らかの依存症や中毒症状を持っている人は、その原因があるはずです。

そこから、なんとか解き放たれたいと、お酒に溺れたり、タバコにはまったり、かっぱえびせんに走ってしまうのです。

 

何かの依存症や中毒症状を持つと、その人の人格に目がいきがちです。

しかし、本当の原因は、別のところにあるのです。

もし身近な人が何かの依存症であれば、偏見の目で見るのではなく、依存症の原因となっている、その人のオリを見つけてあげる手伝いをしてあげては如何でしょうか。

 

最後まで読んでいただき誠に有難うございました。