スポンサーリンク

簡単!モテる女になるための5つのきっかけ

モテる女といった条件は、必ずと行っていいほど出てくるものです。

でも、実は誰でもモテる女になれるんです。

しかも、お金を掛けたり難しいことをしたりするわけではありません。

普段の生活を違う角度から見てみましょう。

モテるおんなになるきっかけは、意外と簡単なところにあるのです。

スポンサーリンク

モテる女になるための5つのきっかけ①『喜怒哀楽をはっきり声に出す』

笑いもせず、起こりもせず、感情がないという人は、なかなか居ないと思います。

しかし、反応が薄いと、他人からしてみたら感情がないのと同じです。

「一緒にいてもたのしくないのかな?」

「何考えてるのか分からない」

と男性は興味を持ってくれないでしょう。

なかなか感情を表に出せない人は、楽しい時は「楽しいね」、怒る時は「腹が立ってきた」といった感じで、気持ちを声に出してみて下さい。

声に出せば、気持ちがきちんと伝わるものです。

普段から意識したいですね。

モテる女になるための5つのきっかけ②『ついでにしてあげる』

気が利く女性はモテるものです。

でも、実はそんな気が効く女性になるためには、あまり考え過ぎる必要はありません。

自分のことをするついでに、相手のことも一緒にしてあげればいいだけなんです。

たとえば飲み会の席の場面を想像してみてください。

料理を取る時には、「サラダ食べる?」と言って相手の分も取ってあげましょう。

飲み物を注文するときには、「なんか飲まない?」と他の人にも声をかけてあげてください。

たったこれだけのことで周りから、気が利く女性だと思ってもらえます。

モテる女になるための5つのきっかけ③『いつも心にありがとう』

「おはようございます」「お疲れ様です」など、挨拶は子供から大人まで当たり前のマナーです。

挨拶の中でも、特に「ありがとう」を忘れないようにしましょう。

意識して「ありがとう」と言うようしてみてください。

意外と普段の生活の中に「ありがとう」という場面は多いものです。

細かなことでも「ありがとう」ということで、相手には優しい女性、感謝の心を忘れない女性とインプットされますよ。

モテる女になるための5つのきっかけ④『とにかく相槌を忘れない』

聞き上手な女性はモテる女だとよく言われますよね。

一方で「聞き上手になんかなれない・・・」という女性も少くないはずです。

でも、これも難しく考える必要はありません。

とりあえず、相手の話にたくさん相槌を打ってみてください。

もちろん、目は相手を見ることが大切です。

そっぽを向いていたり、スマホをいじったりしながら、話を聞くのは論外ですよ。

また、相手の話に意見や感想を述べてばかりいると、ケンカになることも少なくありません。

基本相槌、最後に感想を意識することが、モテに繋がりますよ。

意見することは、求められたときか付き買ってからにしましょう。

モテる女になるための5つのきっかけ⑤『当たり前のことを褒める』

褒め上手な女性はモテるものです。

でも、「褒めるところを探すのが難しい」あんて思っている人は多いはずです。

これもそんなに難しく考える必要はありません。

人として当たり前のことを褒めれば良いんです。

例えば、毎日朝食を摂ってくる相手には「健康的だね」、車に乗せてもらったら「安全運転だから、すごく安心する」。

特に仕事に関して褒めると男性はすごく喜んでくれますよ。

「難しい仕事してるんだね」「毎日仕事大変だね」などは誰でも簡単に使える褒め言葉ですが、もちろん、男性の職種に応じた点を褒めることが出来ると、より効果的です。

モテる女になるための5つのきっかけ『最後に』

意外と簡単なところに、モテるチャンスは転がっています。

もしかしたら、「すでにやっているよ」という人もいるかもしれませんね。

そんな人には、これをもっと極めてください。

そうすることで、男性からだけではなく、女性からもモテる女性になれるんです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
恋愛・結婚
美容と健康の悩みを解決する100万人レビュー部