スポンサーリンク

日本人の2人に1人はガンになる:癌を早期に発見する5つのサイン

スポンサーリンク

癌検診で早期発見が治癒のポイント

癌の検診を受けたことはありますか?

癌は、全身に転移して、患者を死に至らしめる恐ろしい病で、日本では、毎年、癌によって37万人が亡くなっています。

 

そんな驚異的な癌ですが、早期発見をすることができれば、完全に治癒することも可能です。

とは言っても、なかなかきっかけがなければ、検査を受けに行きませんよね。

 

今回は、多くの癌に共通する初期症状を5つご紹介したいと思います。

 

しこりができる

皮膚に近い部分に癌ができると癌に侵されている部位にしこりができます。

これらのしこりは、乳房や首元、お腹、脇の下にでき、ほとんどが石ころのようなしっかりとした硬さをしています。

 

特に、乳がんは身体の表面に近いところに発生するためしこりを確認しやすく、乳がんの60%以上はセルフチェック(自己検診)によって発見されています。

ちなみに女性の14人に1人が乳がんになるとも言われており、患者数は増加しつづけています。

 

もし女性で、胸の中にしこりを感じた場合は、一度検診を受けてみたほうがいいかもしれません。

 

急激な体重の減少

理由もなく体重が4.5キロ以上急激に減少するような場合、膵臓がんや胃がん、または肺がんの可能性があります。

なぜこれほど急激に痩せてしまうんでしょうか?

 

体内にできた、がん細胞は、異常な早さで、増殖を繰り返していきます。

がん細胞が、無限に成長するためには、大量の栄養が必要となるので、がん細胞は「炎症性サイトカイン」という成分を出して、体の栄養を独り占めします。

 

そうして大量のがん細胞が体内で、多くのカロリーを消費することで、急激にやせ衰えていくのです。

(※がん細胞に栄養を奪われる)

これにプラスして、食欲がなくなることによる体重の減少も、癌の初期症状です。

 

咳が止まらない

長期間、咳が収まらない場合や、血の混じった咳が出る場合は、肺がんの可能性があります。

肺がんは、毎年7万人以上の人が亡くなっている、男性が最もかかりやすい癌です。

 

長期間、咳が止まらなくなったり、息苦しさを感じるようでしたら、一度検診を受けてみてください。

 

出血

これが一番分かりやすい症状ですね。

先ほども言ったように、肺がんであれば、血の混ざった痰がでます。

血尿であれば、腎臓や前立腺に癌ができている可能性があります。

 

血便は大腸がん、直腸がんのサインです。

これらの症状は、長く続きおならをするような軽い動作でも、出血することもあるので、もしこのような出血が長く続くようであれば、検査を受けてみてください。

 

腹痛

腹痛や食欲の低下、吐き気に嘔吐、ケップなどの深いな症状が長期間続くようであれば、胃がんや大腸がんの可能性があります。

とは言っても、これくらいなら賞味期限ギリギリの納豆を食べた時にもでますよね。

 

そのため、胃がんや大腸がんは発見しずらく、女性の最も死亡率の高い癌が、この大腸がんになっています。

このような不快な症状にプラスして、体がいつも怠いような場合は、一度検査を受けてみてください。

 

最後に

以上が様々な癌の初期症状です。

とは言っても、食道がんなどの、全く自覚症状のないまま進行する癌もあります。

 

癌は、40歳を超えたあたりから増え始めます。

なので、遅くても30歳後半になったら必ず検診に行ってくださいね。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
健康
美容と健康の悩みを解決する100万人レビュー部