不眠症対策:眠りを助ける10の食品

これを食べて快適睡眠

外がいサイトで眠りを助けてくれる10の食品が紹介されました。

寝る2時間前にこれらの食品を食べると、いつもより早く室の良い眠りにつけるそうです。

アーモンド

筋弛緩を促進するマグネシウムが含まれているアーモンド。

また、眠っている間の血中の血糖値を安定させる働きもあるそうなんです。

アーモンドバターをティースプーン1杯か、28グラム分のアーモンドを食べましょう。

お茶類

カフェインの含まれていないコーヒーや紅茶、お茶にも睡眠を促進させる働きがあるそうです。

特に効果的なのはカモミールティーです。

緑茶も、睡眠を促進させるテアニンという物質が含まれているから大変良いそうだが、カフェインの入ってないものを選ばないと逆効果です。

味噌汁

味噌には脳内物質メラトニンの生成を促進させる効果があるそうです。

他にもアミノ酸がたくさん含まれていて、心地よい眠りにつくことができるそうです。

寝る前に暖かいものを摂取するのも体には良いそうです。

バナナ

バナナはマグネシウム、カリウムがふんだんに含まれており、過剰なストレスにさらされた筋肉をリラックスさせるのに役立つそうです。

他にもトリプトファンが含まれており、これにより、セロトニンとメラトニンが生成され、心を落ち着かせるホルモンが分泌されるそうです。

効果的な摂取方法は、1本のバナナをコップ1杯の牛乳か豆乳と混ぜてミキサーにかけると最適なんだそうです。

乳製品

牛乳、チーズ、ヨーグルトには、メラトニンの生成を促進させるトリプトファンがふんだんに含まれています。

これによりストレスを軽減し、神経線維の安定させ、快適な眠りにつけるそうです。

オートミール

カルシウム、マグネシウム、リン、カリウムが、快適な眠りをサポートしてくれます。

暖かいミルクを注いでバナナを入れれば完璧です。

ゆで卵

こちらは眠りにつくというよりも、眠ってもすぐ目が覚めてしまう人におすすめの食品です。

糖分や炭水化物を控え、代わりにゆで卵を食べることで寝てもすぐに目覚めてしまう症状から開放されるそうです。

睡眠中に血糖値が下がってしまうという症状を抑えるには質のよいたんぱく質を摂取することが大事で、ゆで卵のほかにナッツや牛乳なども効果的なのだそうです。

枝豆

更年期障害にも効果的だという枝豆は、エストロゲンの分泌を促しほてりを沈静させる効果もあるそうです。

枝豆2カップと塩少々、オリーブオイル小さじ1杯加えてフードプロセッサーでみじん切りにして食べると効果絶大です。

さくらんぼ

最近の研究で、さくらんぼにはメラトニンの生成を助ける物質がふんだんに含まれていることが判明したそうです。

不眠症効果も期待されています。

日本では高価なので入手しずらいが、比較的安い冷凍さくらんぼをジュースにして飲むといいらしいです。

シリアル

牛乳をかけたシリアルはオートミール同様の効果があります。

複合糖質が豊富な食品は、睡眠誘導効果を高める、血液中のトリプトファンの可用性を向上させるそうです。

元記事:http://karapaia.com/archives/51868753.html

睡眠
美容と健康の悩みを解決する100万人レビュー部