1日10分!お家で簡単に速読出来るようになる方法:読書スピードが5倍で年収が2倍へ!

速読ができると何が変わるのでしょうか?

本を読むのが速くなるのはもちろんですが、脳の処理速度も速くなります。

この 2 つの効果があなたの人生に大きな影響を及ぼします。

具体的には

・速読ができることで読書が楽しくなる。
・たくさんの本が読めるようになる。
・たくさんの本を読むことで知識が増える。
・知識が増えることで⼈⽣にたくさんの選択肢が増える。
・脳の処理能⼒が上がることで様々なことに効率的に対処できる

このようにたった1つの速読というスキルを身につけるだけで、あなたの⼈⽣にドミノ倒しのようないい流れ、いい変化が⽣まれてきます。

本を速く読めるようになることで、本を読むことが楽しくなり、たくさんの本を読めるようになることで、たくさんの知識が身につき、引き出しが増えます。

知識の引き出しが増えると、⼈⽣の選択肢が増えます。

速読を身につける前には思いもしなかったような人生の選択肢があなたの前に現れるのです。

速読の効果

普通の⼈の読書速度は分速 500 文字くらいだといわれています。

速読を身につけると、速読を始めたばかりの人で分速 1500 文字慣れてくると分速 5000〜10000 文字で読めるようになってきます。

これがどのくらいのスピードかというと、普通の本は 1 ページ 500文字くらいですので、300 ページの本を読むのに普通の人は300分、約 5 時間かかるわけです。

速読初心者の人は 100 分、約 1 時間 40 分で読むことができます。

速読熟練者なら、30 分で 1 冊読めることになるのです。

普通の人と速読熟練者の間では 10 倍もの時間差ができるんです。

普通の⼈が徒歩、速読を⾝につけた⼈は⾞と例えるとわかりやすいでしょうか。

速読熟練者の域に達するまでは個人差もあり中々大変ですが、今の数倍の速度で本を読める程度なら誰にでも可能です。

速読が人生与える影響、メリットは非常に大きいです。

本書で速読を身につけ、あなたの人生を明るく多くの選択肢に溢れたものにしましょう。

速読を身につけるメリット

速読と聞くと、「ただ本を速く読めるようになるだけでしょ?」と思う人もいるでしょう。

あまり速読のメリットが知られていないのが現実です。

ここでは速読を身につけるメリットを紹介していきたいと思います。

自由に使える時間が増える

速読によって本を 1 冊読む時間が大幅に短縮されます。

今まで 1 冊 3 時間かかっていたものが 1 時間に短縮されると、2 時間自由な時間ができますね。

この空いた 2 時間で新たな本を読んだり、運動したり、交友時間に使ったりと、様々なことに時間を使えます。

時間は有限です。

1 日 24 時間 365 日というのはあっというまに過ぎていってしまいます。

社会人になると勉強する時間が取れないとよく言われますが、速読を身につけることで、ちょっとした空き時間や通勤時間などに、1 冊本を読んでしまえるようになるんです。

短時間で読書できて、知識を増やすことができるのは、速読の大きなメリットといえるでしょう。

知識が増える

1 冊本を読み終えるのに 3 時間かかっていたのが、1 時間になると、3 倍の本を読めることになります。

読む速度が速くなると、本を読むのが楽になりもっと読みたいと思えるようになりますので、更に読書量が増えます。

読書量が増えるとそれだけ知識も増えていきます。

中々読書の時間が取れない人でも速読を身につけると短い時間で読み進めることができますので、読書の機会もそれだけ多くなり、速読を身につけていない普通の人に比べて多くの本を読めるようになります。

忙しい時でも数分〜10 分程度の隙間時間はありますよね。

速読を⾝につけていないと、その程度の時間で本を読んでも⼤して読み進められないと本を取り出すことをためらいがちですが、速読を身につけていると読むスピードが速いので短時間でも、どんどん読み進めることができるので積極的に読書できるようになるんです。

この短時間の積み重ねは大きいですよ。

1 年後、10 年後、知識量に⼤きな差が⽣まれてしまいます。

脳の情報の処理速度が上がる

速読は本を速く読む技術ですが、それだけではありません。

⽂章を早く読むという⾏為が脳を活性化させ、脳が情報を処理する能⼒も上がります。

勉強で参考書を読む時にも速読ができると書いてある内容を理解する速度も上がり、短い勉強時間で⼤きな効果があります。

速読は読む速度を上げるだけではなく、内容を理解する速度も上げるのです。

勉強や仕事が⼈より遅くて悩んでいる⼈は、⽂章を読み、理解する速度が遅いことが原因かもしれません。

そのような人こそ速読を身につけることで、原因を解消でき、仕事や勉強が劇的にスピードアップし、周りからの評価も高まることでしょう。

学⼒がアップする

前述したように速読は読むスピードがアップするだけの技術ではなく、内容を理解するスピードもアップする技術です。

速読は脳のトレーニングとしても効果があることがわかっており、速読により記憶⼒、集中⼒、思考⼒が⾼まります。

実際に難関大学の合格者達からアンケートをとると、読書スピードが普通の⼈の2〜3 倍速いという結果もでています。

また、偏差値も読書速度の速い⼈と平均的な⼈とでは、読書速度の速い人の方が高くなっています。

脳が活性化する

速読をマスターするためにはトレーニングをする必要がありますが、その過程で脳が活性化します。

読書は視覚で情報を得て脳にインプットします。

速読ではインプット量を増やすことにより速く⽂章を読みます。

最初のうちは中々スピードを上げられずうまくいきませんが練習をつむことにより、徐々にスピードが上がってきます。

それに⽐例して、脳へのインプット量が増えてきます。

このトレーニングを継続することで、脳が活性化し、集中⼒や、記憶⼒が上がっていくのです。

速読により、脳が活性化することで勉強や仕事がはかどり、より積極的に打ち込めるようになるでしょう。

速読の仕組み

速読の仕組みを知るためには、普段、読書をする時にどのようにして⽂章を読んでいるかを理解する必要があります。

読書をする時の目の動きについて考えてみましょう。

読視野

読書をする時、文字を 1 ⽂字ずつ⾒て読んでいるわけではなく、数文字ごとのかたまり、単語で捉えています。

この一目でどれだけの文字を捉えられるかの範囲を読視野といいます。

個人差はありますが平均約 3 文字くらいだといわれています。

視点停留時間

文字を捉えると、一瞬、視線は止まりますよね。

この「視線が止まっている時間」を視点停留時間といいます。

この平均は約 0.25 秒です。

視点飛躍

文字の範囲を捉えて、視線が止まり、次の範囲に移動するのが読書の流れですが、この次の範囲に移動する視線の動きを視点飛躍といいます。

この動きは平均 0.015 秒です。

読書スピードを構成する要素は

・読視野
・視点停留時間
・視点飛躍

上記 3 点です。

読書スピードが速い⼈は、読視野が広く⼀度に広い範囲を認識することができます。

また視点停留時間や視点⾶躍にかかる時間も読書スピードが速い⼈ほど短く、読書スピードが遅い⼈は⻑いのです。

速く読めるようになるには

速読トレーニングはまず読視野を広くすることから始めます。

一目で 3 ⽂字⾒ていたのを 6 文字、9 文字と徐々に範囲を広げていきます。

そして視点停留時間を短くしていき、視点⾶躍をスムーズにできるようにします。

読視野を広くし、視点停留時間を短くし視点⾶躍をスムーズにする。

これはスポーツでいえば、基本のフォームのようなものです。

野球であれば基本のフォームを学んだ上で素振りや投球練習をしますよね。

それと同じく速読も読視野を広くし、視点停留時間を短縮し、視点飛躍をスムーズにした上で、たくさんの文章を読んで理解⼒を⾼めていきます。

これにより、速く、かつしっかり理解した読書となるのです。

速読のトレーニングは脳に負荷がかかりますので、集中⼒、記憶⼒理解⼒、イメージ⼒などがどんどんと鍛えられますので、読書のスピードアップが望めます。

速読法

文章を脳内で音声化しない

読視野を広げ、目の動きを速めることで読書スピードはアップしますが、ここで大事なことは、「脳内で文字を音声化しない」ということです。

脳内で文字を音声化する、というのはどういうことかというと、文章を読む時に頭の中で音に変換することです。

この文字を脳内で音声化するということが読書のスピードに大きな制限をかけてしまいます。

1.⽂字を⾒て
2.脳内で音声化して
3.それが終わってから次の文字へ

と、いちいち⽂字を⾳に変換する⼿順があるから認識が遅くなるのです。

脳はわざわざ⾳声化しなくても意味を理解できるのです。

1.⽂字を⾒て
2.次の文字へ

⽂字を⽂字のままとらえて、意味を理解すれば、認識するスピードを上げることが可能になるのです。

脳内で⾳声化しても、トレーニングによりある程度の速さまでなら、速読スピードを上げることができますが、やはり限界があります。

速読をする際には、「脳内で文字を音声化しない」

これが読書スピードアップに必要不可⽋なことになります。

どうしても⾳声化してしまうという⼈は、⼀度、ものすごいスピードで文章に視線を走らせてください。

脳が追いつかなくても構いません。 ⽂章を脳内で⾳声化するのではなく、⽂章を目で認識するということが何となくつかめると思います。

⽂章を目で認識することを常に意識しながら、⾳声化しないことに慣れていきましょう。

ブロック読み

速読をするための大事な要素としてブロック読みがあります。

ブロック読みとは、文字をかたまり(ブロック)で捉えて読む速度を⾼める⽅法です。

通常、文章を読む時には 2 文字から 3 文字のかたまりで文字を捉えていますが、このかたまりの文字数を増やしていくのです。

2 文字を 4 文字、4 文字を 8 文字、8 文字を 16 文字というように。

文章をいくつかのブロックに分け、読み取るブロックを順番にずらしていって読んでいきます。

文章を縦にも横にも十数文字、数十文字というようなブロック単位で意味を把握していく読み方です。

読視野と視線移動速度を鍛えていくことによって、よりブロック読みで速く速読できるようになります。

読視野を鍛えることによって、⼀目で認識できる範囲が広くなっていきます。

また、外眼筋を鍛えて視線スピードが速くなることによって、ブロックからブロックへの視線移動を速くすることができます。

⼀目で認識できる範囲で⽂章をブロックに分け、そのブロックの中央から中央へ視線を移動させていくのです。

この際、視線を速く移動させるだけでなく、各ブロックの適切な位置に移動させることも重要です。

読視野が広くなり、認識できる範囲が広くなっていくと、視線の移動頻度を下げることができるので目の疲れを少なくできるようにもなります。

ブロック読みはまさに速読、という技術で、これができるようになれば、かなりの速さで文章を読むことができるようになります。

ブロック読みができるようになっても、さらにそのブロックを大きくし、視線を正確に速く移動できるようにトレーニングしていき、さらにブロック読みを強化していきましょう。

まずは 1 ⾏を 4 分割して読んでみて下さい。

分割箇所に指やペンを当てると読みやすくなります。

慣れてきたら分割をもっと大きくしていきましょう。

この方法はあらゆる本に使えますので是非トレーニングしてみて下さい。

キーワード連結法

⽂章の中からキーワードを拾いだし、これを連結し、内容全体を理解するという速読法です。

キーワードとなるのは⽂章の中でその⽂や段落の意味を表すのに重要な⾔葉です。

重要な⾔葉ですから、⽂章からいち早くこのキーワードだけを探し出し、それをつなぎ合わせます。

そしてキーワード以外の重要でない⾔葉や表現は、捨ててしまうのです。

どれの⾔葉がキーワードなのか、それをどうやって選び出すのかが問題になります。

日本語の場合は、漢字がキーワードになる率が非常に⾼いので、漢字だけを拾い読みしていくのが効果のあがる⽅法です。

また、最近は横⽂字やカタカナ⾔葉が増えてきました。

⽇本語に翻訳しにくい⾔葉をわざわざ使うのですから、それらもキーワードになりやすいのです。

その他には、数字や固有名詞なども無視できない⾔葉です。

内容語である名詞、動詞、述語となる場合の形容詞、副詞は、キーワードになりやすいです。

反対に、機能語に分類される代名詞、助動詞、間投詞、前置詞は、ほとんどキーワードにはなりません

スキミング法

スキミングは⽂章全体を素早くさっと流し読みながら、⼤事な部分だけをピックアップしてその部分だけをじっくり読むという方法です。

⽂章をさっと拾い読みする、というイメージで問題ありません。

読むべき⾴の最初の⾏から最後の⾏まで、さっと軽く眼を通します。

そして同時に、重要そうなキーワードだけを、頭の中に留めていくようなイメージです。

いかに読む部分を少なくし、⽂章の意味を理解できるかが重要となります。

⽂章の要点だけを読んでいき、全体の意味を理解するのです。

スキミングの方法

1.題名や章の⾒出しを読む
章の⾒出しや、⼩⾒出しだけを読みます。
ニュース記事なら⾒出し、雑誌なら目次を読みます。
2.章の最初と最後を読みます
教科書などでは章の最初に導入文、最後にまとめが書いてあります。
つまりそこに何が書いてあるのかと、そのまとめを読むことができます。
3.⽂章全体を流し読みし重要な⾔葉にチェックをつける
2までの内容以上に知りたい場合は、普通に熟読するのではなく、ページを素早く流し読みしましょう。
⼤体の概要がわかれば、重要な⾔葉を⽰すキーワードを拾うことができます。
キーワードとして使われることが多い次のような⾔葉にチェックをつけましょう。
・固有名詞
・何度も繰り返されている⾔葉
・太字、下線、斜字部分
・題名や⾒出しに書かれている⾔葉
・よくわからない単語
4.写真や図、表を⾒る。
⽂章を読まなくても、写真や図表を⾒ることで、情報が理解できる場合があります。
5.内容がわからない場合は各段落の最初の⽂を読む。
⽂章の内容がわからなくなった場合は、各段落の最初の⽂を読みましょう。
最初の⽅に主な論点が書かれている場合が多いのです。
6.自分でチェックをつけた所に戻り学びましょう。
更に深い理解が必要な場合は、⾃分でチェックした箇所を読みましょう。
チェックした箇所の意味がわからない場合はその前後数⾏を読んでみましょう。
この間にも重要そうなところにはチェックをつけていきましょう。

インデックス型読書法

仕事などで必要な知識を学ぶ時に便利な読書法です。

1. まず目次を⾒て⼤体どのような内容かを把握する。
2. まえがき・あとがきを読んで本のテーマを把握する。
3. 目次の中から必要なことだけを選んで読む。
4. 読んでいる途中で知っていること、興味のないことは飛ばす。

自分に必要なこと、興味のあることだけを読むという方法です。

この方法であればトレーニングも必要ありませんので今すぐに実践可能です。

メタガイディング

キーワードを指やペンで指しながら目で追っていく方法です。

この⽅法をとることで、邪魔な⽂章を省いて、キーワードに集中して読み進めることができるため、読むスピードが格段に上がります。

他の必要のない部分は読まずにキーワードに集中して読むこの方法は、重要な部分だけ読めばいいビジネス書などに向いています。

流し読み

読んでいるページの右上から左下にかけて、あるいはページの中央部を波を描くように、視線を流しながら読む⽅法です。

さっと流して読むだけなので、理解度は極端に落ちます。

スキミングをやる前に、どの辺にどんなことが書いてあるか⼤体把握するために流し読む、という使い⽅が適しているでしょう。

速読トレーニング

読書スピードを構成する要素が

・読視野
・視点停留時間
・視点飛躍

上記 3 点であることは前述しました。

ここでは読視野を広げ、視点停留時間を短くし、視点⾶躍をスムーズにするためのトレーニング法を紹介します。

このトレーニングにより、読書スピードが飛躍的に速くなります。

読視野のトレーニング

文字を大きなかたまりで捉えるというのは、速読において最も重要ともいえるトレーニングです。

これができれば、ほとんど速読はできたようなものです。

簡単なトレーニング法として新聞を利⽤するものがあります。

新聞記事は 1 ⾏ 12 文字くらいで構成されているものが多く、この 1 ⾏をひとかたまりで⾒るようにトレーニングします。

この⽂字数を楽に⾒れるようになると速読がかなり進みます。

⽇常的に視野を広げることを意識する

常に視野を広くとることを意識することが⼤切です。

いい方法としては、普段使っているパソコンのモニターやテレビの両端にシールを貼るなどして、その両⽅が⼀度に目に⼊るよう意識します。

人間の視野は大きく中心視野と周辺視野に分かれます。

中心視野は対象物を直視しているときに目に入る範囲のことで、周辺視野は中⼼視野の範囲外の意識せずとも漠然と認識できている範囲のことです。

この無意識的にも目に⼊る周辺視野を鍛えれば、読視野も広げることができるのです。

文字をブロックで捉えるトレーニング

微微微微微微微微微微微微微微微微微微微微
微微微微微微微微微微微微微微微微微微微微
微微微微微微微徴微微微微微微微微微微微微
微微微微微微微微微微微微微微微微微微微微
微微微微微微微微微微微微微微微微微微微微
微微微微微微微微微微微微微微微微微微微微
微微微微微微微微微微微微微微微微微微微微

上の⽂字のブロックは微という漢字の連続に⾒えますが、1 文字だけ、似た違う漢字が潜んでいます。

これを数秒で⾒つけられるようにトレーニングすることで、ブロックで捉える能⼒が向上していきます。

例題をいくつか掲載しますので繰り返しトレーニングしましょう。

人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人入人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人

悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪
悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪
悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪要悪悪悪悪悪悪悪悪
悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪
悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪
悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪
悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪
悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪

職職職職職職職職職職職職職職職職職職職職
職職職職職職職職職職職職職職職職職職職職
職職職職職職職職職職職職職職職職職職職職
職職職職職職職職職職職職職職職職職職職職
職職織職職職職職職職職職職職職職職職職職
職職職職職職職職職職職職職職職職職職職職
職職職職職職職職職職職職職職職職職職職職
職職職職職職職職職職職職職職職職職職職職

因因因因因因因因因因因因因因因因因因因因
因因因因因因因因因因因因因因因因因因因因
因因因因因因因因因因因因因因因因因因因因
因因因因因因因因因因因因因因因因因因因因
因因因因因因因因因因因因困因因因因因因因
因因因因因因因因因因因因因因因因因因因因
因因因因因因因因因因因因因因因因因因因因

栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽
栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽
栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽
栽栽栽栽裁栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽
栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽
栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽
栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽
栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽栽

視点飛躍スピードを上げるトレーニング

速読のスピードを上げるためには⾏から⾏への視線の移動スピードを上げる必要があります。上の●を⻘線のように視線でおいます。

●をしっかりと⾒ることが重要です。

●をしっかりと⾒ながらできる限り速く視線を動かします。

これを繰り返すことでだんだんと視線移動のスピードが上がってきます。

●をしっかりと⾒て、視線の移動が雑にならないようにするのがポイントです。

またパソコンのモニターの上下にシールを貼り、それを使って同様のトレーニングをするのも効果的です。

眼球の動きを鍛えるトレーニング

1.腕を肩の高さまで上げ、正面を向いたまま両手の人差し指を⽴て、視野に⼊るギリギリの位置まで腕を広げる。
2.顔は動かさず目の動きだけで、左右の人差し指を交互にじっくりと⾒る。
3.両⼿を下ろし、⼀度リラックスした後、⼀連の動作をもう⼀度繰り返す。6 秒間で左右を何往復できるか数える。
4.両腕を上下に構え、両⼿の⼈差し指を⽴て、視野に⼊るギリギリの位置まで腕を広げる。
5.顔は動かさず目の動きだけで、上下の人差し指を交互にじっくりと⾒る。
6.両⼿を下ろし、⼀度リラックスした後、⼀連の動作をもう⼀度繰り返す。6 秒間で上下を何往復できるか数える。
7.⽚⼿を目の⾼さでまっすぐ伸ばし⼈差し指を⽴て、もう⽚⼿を顔のすぐ前で⼈差し指を⽴てます。
8.遠近の⼈差し指を交互にじっくり⾒ます。
9.両⼿を下ろし、⼀度リラックスした後、⼀連の動作をもう⼀度繰り返す。6 秒間で上下を何往復できるか数える。

視線の移動には目の動きが欠かせないため眼球を速く動かすトレーニングが重要となります。

野球の練習で素振りをするように、この眼球トレーニングにより、目を素早く動かすのに必要な、眼球を動かす筋肉が鍛えられるのです。

速読
美容と健康の悩みを解決する100万人レビュー部