スポンサーリンク

速読で年収はアップできるのか?

スポンサーリンク

読書と年収について

ある調査によれば、20代、30代のビジネスマンは1ヶ月平均0.26冊の本を読むのに対し

30代で年収3000万円の人は平均9.88冊の本を読むのだと言います。

 

その差は約38倍ですが、アメリカの調査でもビル・ゲイツやウォーレン・バフェットのような

大富豪が1日30分以上本を読むのに対して、年収300万前後の人たちの中で1日30分以上の

読書をしていたのは、たったの2%しかいなかったそうです。

 

年収500万円から800万円クラスの人は、

一日当たり平均5~30分間の読書をしており、

1500万円以上の人は毎日平均30分以上の読書をしているそうです。

また別の調査ですが、20歳から30歳代のビジネスマンは、

年に平均3冊しか本を読みませんが、30歳代で年収が3000万円を

超えている人の平均読書量は、1ヶ月で3冊だそうです。

年平均3冊と比較すると、12倍の読書量となるわけです。

 

極端に単純に言えば、年に読む本を1冊増やすたびに、

あなたの年収が75万円アップするかもしれない!ということですね。

 

なぜ読書が年収に影響するのか?

  • 知識が増える
  • 言葉の表現力が向上する
  • 思考力が向上する
  • 自分と違うものの見方を知ることが出来る 
  • 想像力が豊かになる
  • ものごとに対応する力が向上する

 

等が、読書をすることの効果として考えられると思います。

 

1.と2.の結果、思考力が向上します。

読む本によっては4.も期待できます。
想像力の向上は、1.から4.までの結果として起こります。

 

ここで言う想像力とは、自分の考え方と異なるものを受け入れて理解する力のことです。
そのような想像力が強くなれば、職場や身の回りで起こる様々な出来事に対して、

柔軟に対応しやすくなりますし、いろいろな人と上手く付き合えるようにもなるので、

仕事もプライベートも順調になるでしょう。

 

ただし、本なら何でも良いのではありません。
ファンタジーやライトノベルでは、あまり効果が期待できません。

 

読書量によって年収に差が発生している事は間違い無さそうです。

読書量を増やすのには、やはり速読をマスターしていた方が断然有利になります。

速読をマスターした方は、読書量を増やせ、年収がアップする方程式が成立しているのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
速読
美容と健康の悩みを解決する100万人レビュー部